コロナ 人恋しさと人疲れが交錯する時期。

スポンサーリンク

仕事でもプライベートでも「ソーシャルディスタンスに配慮」された形での集まりが少しずつ増えてきました。

私もこのコロナ禍で今年の春からほとんど人が「集まる」ということから離れていたせいか、いつもなら欠席しそうな集まりにも久しぶりに参加してきました(仕事の方ね)

そこで感じるのはやはり「みんな人恋しがってるなぁ」ということ。
「やっと集まれましたね」
「やっぱり人の顔を見ると落ち着きますね」

色んな場で「やっと」「やっぱり」というフレーズをたくさん耳にしました。

都道府県単位ではまだ私の住んでいるところは連日感染者が報告されていますが、市区町村レベルではもう久しく出ていないエリアです。
そうなるとやはりみなさんの気持ちは少しずつ「元の生活に戻りたい」という方向へ傾いてるんだなぁと感じます。

仕事の方では役職持ちだけの会合とかあって、これまでオンライン会議にしてましたが「久しぶりに部会やってみる?めちゃくちゃ席離して、換気して、体温計って、アルコール置いて」みたいな感じでした。
オンライン会議なら感染リスクはないし、移動時間も取られないし、便利にきまってるんですがそれも一定期間過ぎるとみなさん「手間(感染予防)と時間がかかっても集まりたい」ようです。

いや、大きな声では言いにくいですが私はその気持ちがわかる派です。
複雑ですけどね。

そんなこんなで、今月は人の集まりが多い気がします。
もちろんどれも気を使った集まりではあるんですが。

そしてちょっとうれしい私がいます。
何だかんだ、やはり人と会うのは楽しいものです。

ただ、これまでの反動か、楽しさと同じくらい疲れます…。
人疲れ、半端ない…。
集まって仕事なり会話なりしているときは楽しいんだけど、帰るとドッと疲れがのしかかってきてます。

元々そんな気質ではあるのですが、コロナ禍で人と会うのが制限されていた分「(家族や仕事の通常業務以外で)人と接する」ことにいつも以上のエネルギーを使っている気がします。

そろそろインフルも怖い季節なのでまた集まるのはなくなっていくと思うんですけどね。
だから今月来月くらいでまた自粛生活に入るのかなー。
忘年会に新年会、色々口実をつけて幼稚園や小学校のママさんと集まってたけど、今年は無理だろうなー。

やっぱり、なんだかんだ「人と会う」ことを欲するものだなぁとこのコロナ禍で再認識したのでした。
(だけど疲れるというあまのじゃく)

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

働く母の育児ブログ

中学受験ブログ

↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク