小3 息子と手を繋げるのもそろそろ終わりが近づいてる予感…(寂)

スポンサーリンク

先日、久しぶりに何かの拍子で息子と手をつないだんですが「手、でかっ!」とビックリ。
同時に、手の大きさに驚くほど最近息子と手を繋いでなかったなぁと。

あれよあれよという間に息子も小3、年齢も9歳です。
もうあれですよ、「お母さんと手をつなぐの恥ずかしい」ってお年頃ですよね。

ほんの3年前までは幼稚園児で、そのころは「おかーさんおかーさん」って息子からすり寄ってきて、手を繋ぐと嬉しそうにしていたのになぁ(遠い目)
この3年でもうすっかりダンシですよダンシ。

と、ふと思い、このところの息子について思い返してみました。
まず当たり前だけど息子からはもう私と手を繋ごうとしてこない。
まーそうですよ、そうですよね、これが普通の成長なのよ(泣)

そしてたまに私が深く考えもせず軽い感じで「たまにはほら!手!」と声をかけると「あーうーん、いいよー」という感じ。
私に気を使ってますね…。

ちょっと調べたら、ベネッセのサイトに「異性の親といつまで手をつないでいたか?」というアンケート結果が載ってました。
すると「6~9歳」が最多で約44%でした。

まさに!いま!終わりを迎えようとしている年齢なわけですね…。
あぁさみし。

もちろん小1の娘は手つなぎ現役です。
早生まれで幼さの残る娘なので余計にかもしれませんが、外を歩くときは高確率で娘から手をつないできますね。
これもいつか終わりが来るので、この時間を大切にしないといけないんですね…。

娘に関しては私より夫が危機感大でしょうけども。

「3年生にもなってまだ息子と手つないでたの?!」と思われるかもしれませんが、私の頭の中で息子がもうそんなお年頃だという実感が湧いてませんでした。
いやーでもいつから「やだよ!(怒)」に変化するのか実験してみたいイジワル心も少しあったりします(笑)

逆に、ちょっかい出して「なんだよかーちゃん!うざいよ!(怒)」ってウザがられる構図もちょっと憧れたり、フフフ。
いや、息子は全然「かーちゃん」なんてキャラじゃないので夢でしかないんですけどもね…。

いよいよ子供が思春期の入り口に近づいてきたなぁと、成長が嬉しいような、寂しいような、不思議な気持ちです。

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

働く母の育児ブログ

中学受験ブログ

↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク