小3 運動音痴なのにやたら体育に前向きなヒト。

スポンサーリンク

お恥ずかしながら、私は物心ついた頃から運動オンチ…。
体育という苦痛の科目が大学でもあると知ったときの絶望感といったらもうね。

加えて夫も似たようなもの。

だがしかし。
私も夫も運動部経験はあるのです。
体を動かすのは嫌いではない、というかむしろ好き。

だけど絶望的にセンスがない(笑)

そんな夫婦から生まれたサラブレッドの息子は案の定、運動オンチです。
ごめん、ごめんよ…。

余談ですが娘は体育が得意という突然変異。
羨ましい、ほんと羨ましい。

ただ、息子は「私たちの子だ」と胸を張って言える運動オンチ。

スイミングもさせていたけど、うん、なんていうか…。
受験前の年長でスイミング退会したんですが、このところまた再開させたいのが本音。
でもこのコロナ禍で二の足を踏んでます。

そんな中、息子が2学期の目標を書いてきました(宿題)
勉強のことや家庭でのことなど、いくつか書いてありましたがそのうちの1つが、
「マラソン大会で○位以内になる」
というもの。

これまたお恥ずかしい話ですが、去年はビリでした…。
それが、そこから20位以上も上の数字を目標に書いてきたっ!!!
なんて前向きなの、この人!!(驚)

私は小学生時代、マラソン大会が嫌いで嫌いで。
息子と同じで後ろから数えた方が早くて。
高校生あたりでマラソンのコツを掴んで「短距離走はどう頑張っても無理だけどマラソンなら克服できるかも!」と頭で考えてようやく克服したくらいなのに。

一方、根拠のない自信で「がんばればなんとかなりそう」という息子の前向きっぷりに驚愕。
私以上の運動オンチなのに!(笑)

でもなんか、振り切れた前向きさに感心してしまい、少し涼しくなってきたことだし、残業のない日は息子と走り込みしてマラソン大会に向けたトレーニングしてあげようかな、と思いました。
私も夫も運動不足気味なのでちょうどいいんです…。

目標順位が笑うほど高いのでなかなか厳しいとは思いますが、去年ビリだった息子がどこまで頑張れるか、一緒に夢を見たいと思います!

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

働く母の育児ブログ

中学受験ブログ

↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク