小1&小3 リハ(模試)で欠点を出し尽くせるか、が本番成功のカギ。

スポンサーリンク

ちょいと前にピアノの発表会、無事に終わりました。
このコロナ禍なので、大幅短縮、流れるように解散、集合写真ナシ、他もろもろ、常連さんにはとてもとても物足りないものだったようですが、我が家はこれが初参加なので特に思い入れもなく(笑)淡々と終わりました。

受験で休会していた期間もあるので、なんだかんだピアノ歴1年での初舞台。
2人ともソロと連弾で2曲弾きましたがどちらもノーミスで弾きました。

一時は先生から「このままでは無理です」とダメ出しされた息子も、ピアノ練習嫌いな私が重い腰を上げて猛特訓してからメキメキ上達し、最終的には先生からもベタ褒めいただきました。

それはそうと、リハのお話。
前日か当日午前のどちらかに参加すればいいとのことでしたが、2人とも小学校受験では模試に苦い思い出が。

息子:模試会場の空気に気圧されホロホロ泣く。でも得点は1位。
娘:得点ボロボロで親が狼狽。でも本番は淡々と普段以上の冷静さ。

こんな感じで2人とも「模試受けといて良かったー!」と身に染みたのでした。

そんなわけで先生にお願いして「これこれこういう性格なので、リハひ2回とも参加したい」旨を伝え快諾いただきました。

結果、大正解。
3年生ともなる息子はリハも本番同様冷静沈着でしたが「本番のピアノに弾き慣らしておいて良かった」と。

娘。
リハ2回とも名前呼ばれても緊張で舞台に上がれず…。先生が上手に誘導してなんとか舞台に上がるサマ。でも椅子に座ると淡々とノーミスで弾く不思議。
緊張しいなので、みんなに見られながら舞台にあがるのがなかなか勇気が必要でした。

でもこんなリハで本番ヒヤヒヤでしたが、当日はアナウンスで名前を呼ばれると何事もなかったようにスッと席を立ち、舞台に上がり、ノーミスで弾き終えた娘。

なんなんだこの差は…。

結果オーライではありますが、受験にしろ発表会にしろ、リハ(模試)でいかに多くの問題点を吐き出すかが大事だなとまたも痛感。

小学校受験もそろそろ最終段階の模試かと思いますが、点数が悪かったらラッキーと思いましょう!
本番前にわかってよかった!と。

むしろリハでノーミスの方が本番で予測不能。

発表会にあまり気乗りしなかった私ですが、舞台の上で堂々と弾く子供たちの成長した姿を見て、来年が楽しみだな、なんて思ったのでした。

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

働く母の育児ブログ

中学受験ブログ

↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク