小3 Z会の添削問題はあえての紙提出、オンラインではなく。

スポンサーリンク

4月から始めたZ会の中学受験講座。
休校期間は余裕があったので「国語と算数だけ」が物足りなく感じていましたが、今はもう学校の宿題が大量なのでZ会は2教科でちょうどいい感じです。

息子本人は理科社会をやりたがっているので悩ましいのですが…。

そんなZ会、中学受験講座の特色として教材は紙と動画の2本立てです。
そしてもちろん毎月添削問題が課題とされてます。

その添削問題なんですけどね、我が家はあえて紙で提出しております。

4月に紙で提出、5月にオンラインで提出してみたんです。
オンラインといっても、解答用紙をスキャンしてWeb上でアップデートするだけなんですけどね。

私の手間はオンラインの方が楽ですが、返却された答案に対する息子のリアクションが紙の方が断然よかったのです。
やはり息子が記述した解答用紙に先生の添削がされて、その「紙」が手元に帰ってくる方が「帰ってきた!」という実感が強いみたいです。

オンライン化が加速する時代ではありますが、「紙」のありがたみも大事にしないとなぁと思いました。
そういう私も、勉強は紙媒体じゃないと頭に入りにくい昭和脳なんですけども。

ちなみに添削問題を提出するとき私は一切見ないようにしています。
見て間違いに気が付くと口を出したくなるから…。
それは息子の実力ではないので、あえて間違えたまま提出しないと。

結果、なかなかのケアレスミス連発(笑)
6月の結果は苦手な国語が満点に近くて、得意な算数が平均点以下。
油断の賜物ですね、ハイ。

「算数が得意」という息子に現実を見ていただかなくては。

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

働く母の育児ブログ

中学受験ブログ

↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク