小1&働く母 娘の勉強に付きっきりになる時間が必要とみた(けど厳しい)

スポンサーリンク

ちょっと前の英語の入りが悪いという話。
とりあえずの緊急対応ということで、娘が食いつきそうな英語アプリ(フォニックス系)をいくつかインストールしてみました。

どれも途中で課金が必要そうだけど、まずは無料で試してみて、娘の興味と内容がマッチしたら課金でいいかなとは考えてます。

ただこれはその場しのぎというか、とりあえず何かしら手を打たないとという一時的な対応であって、アプリだけで解決できるものではないのは明らかなわけで。

本来なら英語だけでなく、今のところ順調な国語と算数も躓く前に塾通いさせたいところだけど、1年生向けの進学塾ってなかなか限られていて。
受験でお世話になった教室はそれぞれ小学部があるのでそこでもいいんですけども、やはり引っかかるのがこのコロナ禍。

ぼんやりと「2学期あたりから通塾も検討しようかぁ」と考えていたところに、ここ数日の爆発的な感染者数…。
あぁ…悩ましい…。

あとやはり、小学生になって本格的な教科学習が始まり息子と娘の性格の違いを痛感してます。

息子は「勉強が好き」っていう私からしたら異次元の住人なので、放っておいても勝手に勉強します。
宿題はもちろん、時間があると勝手に自主学習ノート広げてなんやかんやしてたり。
難しい問題を解くのが楽しいというか、おっとりしてるように見せかけてわりと負けず嫌いというか。

ズボラな私の子なのに信じられない感じですけども(笑)、一言でいうと勉強に関しては「手がかからない」子です。
塾選びでもそれなりのレベルの場所に放り込めば、周囲に負けじと勝手に踏ん張るタイプ。
解けない→悔しい→絶対解いてやる→解けた!、というパターンが多いです。

一方、娘。
これはまごうことなき私の娘(笑)
好きな科目と苦手な科目でモチベーションが雲泥の差…。
解けない→面白くない→めんどくさい→やりたくない、というわかりやすいタイプです。

今のところ国語算数に関しては四谷大塚(通信)のおかげで余裕が少しあるのか、まだ「楽しい」範囲で解けておりますが、いつどこで転ぶか危うい。
英語は好きな問題と苦手な問題が早くも出ている模様…(早いヨ)

そしてこの娘、わからないとフリーズするタイプです。
だから塾選びも、この子は集団塾より個別指導塾の方が向いてると思う…。
いや、最初は個別指導塾じゃないとダメな気がしてます。

でもこのコロナ禍。
というわけで、私が横に張り付いてマンツーマン指導するのが今考えられる現実的な打開策。

ってわかってるんですけども。
働く母にその時間を確保するのはなかなか難しいのです…。
できれば毎日した方がいいんですけどね、油断すると週1で確保できればいい方な予感。

せめて週2~3日、娘の横に付きっきりの時間を作れるよう、ちょっと色々頑張ってみようと思います。
ガンバレムスメ。
ガンバレワタシ。

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

働く母の育児ブログ

中学受験ブログ

↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク