小1&小3 あと4ヶ月で「9月新年度」法整備、間に合うの?

にわかにニュースになってきましたね、9月新年度の話。

私個人的には、最初耳にしたときは正直「えぇー…」と限りなく難色。
ニュースを色々と見たり読んだり聞いたりした今やっと「うーん、まぁ、アリ?なの?でもうーん」という感じ。

我が家はギリギリ去年のうちに、小学校受験を走り抜けたので他人事と言われてしまえばそれまでですが、もし今年我が家が受験だったとして、9月新年度がウェルカムかと聞かれると、複雑だなーというのが本音。

だったら、全員1年留年してもらった方が色々と仕切り直ししやすいかなー。
いや、1年留年の方が9月新年度より更に現実味が薄いんでしょうけど、どちらか選べるなら私は1年留年を選んでしまう。

どうなんだろう?今年の受験生の親御さん的にはどちらを望むんでしょう?

そもそも今からたった4か月でそんな大それたことの調整事項が整うの?誰がやるの?人手が確保できるの?と思う一方、「いまこのタイミングしかない」という勢い派の意見もまぁわからんでもない。

でもそんな見切り発車的な勢いで決めるようなことなのかな?と思ってしまう…。
私は1年留年を推したいけど、なんだかんだ、このまま「不完全燃焼の1年」として片付けられてしまいそうな悪い予感がしますけどね。
今年1年だけ何らかの「特別措置」という魔法のカードががんがん発行されて、来年春からは何もなかったかのように次年度が始まる、みたいな。

そもそも9月で子供達が学校に通える確証があるのかね…。
うちの小学校はもう、1学期はなくてもやむ無し、と言わんばかりに日々オンライン化が加速してて授業動画も宿題もこなすのに精一杯な量、そのうち朝の礼拝すらも双方向で生配信されるんでは?な勢い。

ありがたいっちゃありがたいけど、地元国公立小の話を聞くとその差がすごい。下手するとプリントや教科書すら配布されてない学校も。国立も思ったよりオンライン化には消極的だそうで(学校によると思うけど)

いや、安くない授業料払ってるのは事実ですが、この差を見なかったことにするのはさすがにいかがなものかと。お金払ってる云々は抜きにして、公立小の子供達も教育機関がきちんと救済しないといくらなんでも不平等すぎるでしょう。

9月新年度 or 1年留年 or なんだかんだこのまま。
はてさてどうなることやら。
親として、ここは相当試されてる気がします…。

ブログ村

情報収集はいつもブログから♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加