その1 月経過多 (生理が重い)が辛すぎてIUS (ミレーナ)デビュー [決心するまで]

スポンサーリンク

振り返り日記です。

今年は年明けからほんとに体調が整わなくて。
あえて「悪い」ではなく「整わない」としたのは常に悪いわけではなく波が激しかったのです。
むしろその方が、そのギャップに苦しめられて辛かった…。

体調不良の原因としてはやはり更年期の入り口に入ったなというのが1つ。
それと、元々の月経過多、つまり「生理が重い」が悪化して更年期とのコラボレーション炸裂。

更年期については婦人科で処方して頂いた漢方を飲み続けてやっと緩やかに効いてきた気がします。
なくなった!とまではいかないですけどね。
100のピークが75くらいのピークになったというか。

一方、月経過多は治らないどころか悪化する始末。
元々私がその状況打破するために色々調べて気になっていたのがIUS (ミレーナ)
いわゆる「避妊リング (IUD)」の一種。

避妊目的だけのIUDとは異なり、IUSは黄体ホルモンを体内に直接放出するものです。
そもそもは避妊のために作られましたが、この黄体ホルモンの効果として「生理が軽くなる」が認められたので月経過多 (生理が重い、出血量が多い)の方にはその治療の一つとして保険適用になる、というもの。

装着方法はシンプルに、子宮内に入れるだけです。
ちなみに一回装着すれば5年は効果が持続。
妊娠希望するなら抜けばまた妊娠可能。

恐る恐る「この症状だとミレーナとか効きますか?」と婦人科で先生に聞いてみたら「効果あると思いますよ、これなら保険も適用になる症状ですし」と。

保険適用!なんて素敵な言葉!(笑)

そんなこんで、悩みに悩んで、ビクビクしながら聞いてみたものの、あっさり「じゃあ、次回の生理が終わったらIUSやりましょう」と予定が組まれたのでした。

つづく。

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク