小2 英和&和英辞典、あえて子供に選ばせたけど失敗したかも。

スポンサーリンク

インター校でなくとも、私立であれば1年生からガッツリ英語の授業があって当たり前な昨今。

息子が通う小学校もインターではないですが、やはり1年生から英語の授業があります。

まぁでも、1年生はやはり入門なのでとても簡単でした。

単語もほんと「はじめての英会話」の域を出ない、想像通りな感じ。

それが2年生になって急速に求められる語彙力が増えた!

私も一応、小学生から英会話に通わされ、中学から私立でそれなりの進度の授業受けたけど、私の感覚では中1でも習わなかったよ?!という単語がチラホラ。

そんなわけで英和と和英を購入しました。

元々もう国語辞典と漢和辞典はだいぶ前から与えていて、わからないことは自分で調べる習慣はあるので英語に関しても同じだよ、ということで。

ただ、やはり日本語だけの国語辞典や漢和辞典と少し異なるので「息子が使いやすい、調べやすい、意味がわかりやすい」が最重要かと思い、書店でいろんな英和と和英を手に取らせて、私はあえて口を出さず息子に選ばせました。

おかげで、学校の宿題でわからないことがあると英和&和英を使うことにも慣れてきたんですが…

先日のこと…

辞書を引きながらも「うーん…」と息子が唸るのでどうしたのか聞くと衝撃の返答。

「載ってないんだよね」

な、な、なんだってー?!?!

いや

子供向けの辞書だから語彙数はもちろん少ないのは承知の上です。

だけど2年生でもう載ってない単語にぶち当たっちゃうの?!

そんな!と思い私も調べたけどやはり載ってない…。

むむむむむ。

これはもう買い直しだなぁ、とため息の私。

辞書は安くないからねぇ、トホホです。

次は語彙数重視で選ぼうと思います…。

でもまずは辞書を身近に感じて欲しいので、大人用の辞書は4年生あたりでいいかな?と考えてます。

そんな私の失敗談でした。

ブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

働く母の育児ブログ

中学受験ブログ

↑働く母は忙しいからこそブログで情報収集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク