小学校受験の記録 「5歳」で挑んだ受験と「6歳」で挑んだ受験。

無事、秋に受験を終えた娘。
今ごろになって学習面の「伸び」を見せてます。

通塾と通信(四谷大塚)で入学準備コースを受講してますが、計算力や語彙力が伸びてるなぁという印象。
「ウチの子すごい!」って話ではなく、「数カ月前の娘と比べて」って話ですのであしからず…。

まぁでも、娘の誕生日は2月末。
ちなみに息子は8月頭。
息子に比べて、6~7カ月の月齢差というハンデを抱えて挑んだ受験。

息子の時は夏休みにすごい伸びたのを覚えてます。
ちょうどそのころの模擬試験がとても良い結果でホクホクしてました(親ばか)

かたや今年の同じ時期に娘が受けたときは散々な結果…。
私も夫も顔面蒼白になる結果をたたき出したのでした。

そして今、とても伸びを感じる娘。
よく考えたら12月の今で、5歳9か月ちょっと。
息子が5歳9か月のころって、年長の5月あたり。

息子の受験本番は6歳の誕生日を迎えたあとでした。
娘の受験本番は5歳7~8カ月のあたり。

なんか娘ごめんってなりましたよね。

そのころの息子と比べるなら、今の娘の方が「伸び」てる気がする…。
娘が夏生まれだったら、これから受験の総仕上げに入る抜群の時期なんだなぁと。
逆に、そんな月齢の中でよくがんばったなぁと。

このところ幼稚園でも、
「〇〇ちゃん(娘)によく遊んでいただいてるようで子供からよく聞いてます♪」
と、下の学年のお母さんにお礼を言われたり。
→末っ子娘はお姉さんぶるのがブームな模様(笑)

「5歳」で挑む受験と「6歳」で挑む受験ってこんなに違うんだな!と、6歳に近づいた娘の伸びを目の当たりにして痛感しました。

だからといって、早生まれでの小学校受験は諦めないで欲しいと同時に思います。
色々な方法がありますが1番シンプルなのは、
「夏生まれの子より先に準備を始めればいい」
まずはこれだと思います。

ブログ村

情報収集はいつもブログから♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加