小2 現在、塾の担任(継続勧誘)から全力で逃亡している理由。

四谷大塚系列の塾に今年の2月から通わせている息子ですが、年内で退塾の手続きを済ませました。

入塾前に確信していた通り、テキストはとても良かった。
難しすぎず簡単すぎず、絶妙な「ちょっとだけ」先取り感。
ホームワークの量も、週によっては大変なときもあるけれど、だけどその負荷具合が今の息子にはちょうどいいと感じてます。

だけど!
入塾して時間がたつにつれ判明したのが「先生がダメ」という悲しい事実。

ずばりえこひいきするタイプ。
なぜ気が付くのが遅れたかというと、申し訳ないことに息子はひいき「される」側でした。
なので最初は、私に対してやたら気を使ってくるし息子もいつも褒められるし「いい塾だなぁ」と感じておりました。

が、徐々にいろいろ判明してきまして。
同じ授業を受けるママ友から聞く話とまるで別人。
うちの息子に対する態度と他のお子さんに対する態度に差がありすぎて。

そしてついに、私的にアウト的な決定打が。
それは夏期講習や追加のテキスト購入など、レギュラー以外の任意で申し込むものに対して「子供を使う」ということ。

親の私には「こういう講習がありますのでもしよろしかったら」程度の声掛けしかしないのに、息子に「この講習受けたいってお母さんに言いなさい」って説得してました。
これは他のお子さんも同様に「お母さんに受けたいって言いなさい」と全員言われてるようです。
娘の受験直前を理由に夏期講習をお断りしたんですが、ある日息子が「夏期講習受けたい」って半泣きで言ったんです。
息子の受験前だって「夏期講習」なんて受けさせたことなかったのに。
よくよく聞いたら「先生に、すごい楽しいから受けたいってお母さんにお願いしなさいって言われた」と。

もうね、私ドン引き。

その後もこの先生に対して思うところが複数積もり積もって不信感ボルテージ最高潮。
だけど3年生まではこの先生と聞いて絶望、まだ1年以上この先生なのか…。

そんなこんなで来春からの塾&通信を見直していたのでした。

そして意を決して年内での退塾届を受付に提出。
先生にはZ会の話はしてなかったんだけど、サンプルを息子と見ていたので息子が話してしまったみたいで。

そしたらその次の塾の帰り道におもむろに息子が「Z会は良くないんだって、この塾の3年生コースはすごく楽しいんだってよ」と心配そうに私に話してきました。
えぇえぇ、もちろん授業中に先生がそう言ったそうです。
でも当の本人の息子がZ会をとても楽しみにしているのでね…。

それ以降、この塾の送迎はすべて夫に丸投げ。
父親にはあまり強く出ないという、なんともアレな先生なので夫に盾となってもらってます…。

先日、先生の個人携帯から私の携帯に夜の10時に着信ありましたがもう寝室にいたので出ませんでした。
その時間にも驚きだけど。

というわけで。
年内あと3回授業がありますが、夫にもうひと踏ん張り送迎がんばってもらいます…。

ブログ村

情報収集はいつもブログから!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加