年長&小2 来春「小1&小3」での学習、塾(国語のみ)+通信教材でいい気がしてきた(前編)

誰かとお話するって大事ですね。
無意識に頭の中が整理されるというか、「あー私ってこういう考えなんだー」ってスッキリするというか。

先日、息子の塾の待ち時間に長い付き合いのママ友とお茶してましてね。
元々は彼女から「相談がある」と誘われて塾のことや中学受験の相談を受けてたんです。
まぁ、私そんなに偉いわけでも情報あるわけでもないですけども。

私も彼女も同じ小2の子がいて、彼女には小4の子もいて、中学受験と塾選びについて悩みが尽きないお年頃。

まずは、今うちの息子と彼女の子が通ってる塾に関する相談、っていうか愚痴聞き。
ちなみに私も彼女も今の塾を選んだ決め手の優先順位は、

「テキスト(四谷大塚)」>>「カリキュラム」>「合格実績」>>>>「担当講師」

つまり、担当講師がイマイチって愚痴。
この講師、悪い意味で「親を見る」んですよね。

私はわりとキツめに不要な物は不要とバッサリ言ってしまうタイプなので追加講習とかほぼ営業されません。
子供のこともべた褒めです。

だけど優しいオーラのお母さんとか気の弱そうなお母さんにはガンガン容赦ない営業攻撃です。
子供の成績もめちゃめちゃ煽って脅してくるそうです。

彼女の話を色々聞けば聞くほど、「私どんだけ怖がられてんの?」と対応が違いすぎて(笑)
その辺の話はこのあたりの日記にありますのでお暇な時にでも…↓

新小2 「よし!塾変えよう!」塾を辞める理由と決める理由(後編)

小1 四谷大塚のテスト返却で不安を煽りまくる塾(伝聞)

小1 四谷大塚の試験会場に選んだ某塾からの勧誘に早くも引き気味。

で、2人して「来年からどうするかー」と唸りながら悩んでいましてね。

なぜ「来年から」なのか。
彼女の場合は、来年小5になるお子さん、いよいよ本番まで突き抜ける中学受験塾を定めないといけない。
私の場合は、娘が小学生になるので2人とも塾は「小学校の近く」でまとめたいのが本音。
→今は自宅からは遠くないけど、小学校からは真逆みたいな位置。

息子を今の塾にしたのは「前の塾ではレベルが物足りない」「集団授業に慣れさせたい」で四谷大塚準拠の集団講義スタイルで探した結果です。
ただ「1年間のつなぎ」という意味合いも大きい。

小学校受験(娘)を抱えながらの塾選びと、2人とも小学生での塾選びだとだいぶ選択肢も選択方法も、何より動ける時間も変わります。
あ、予算も(笑)←超重要!

と、話しながら考えていたら「娘の受験が片付いたらこの塾じゃなくてもいいかなぁ」と揺らいできたのでした。
長くなった(長すぎだわ)ので後編に続く!

ブログ村

情報収集はいつもブログから!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加