小2&年長 子供2人につきっきりで宿題に取り組む時間が足りない。

「仕事してるから」という言い訳を乱発しすぎて、最近「母」「妻」として何か役割果たせてるかしら…とソワソワしている今日この頃。

いま一番頭を悩ませてるのが「夕方の有効的な使い方」
夕方にやらないといけないことは、
○夕飯の支度
○洗濯物の片づけ
○子供たちの宿題

理想としては、こられを19時までに終わらせたい、それでも厳しいなら19時半までは死守したい。
じゃないと、その後のお風呂と就寝が21時を越えてしまうから。
深い理由とか信念ってほどじゃないけど、我が家は遅くとも21時には寝室へゴー!とさせてます。

習い事が何もない日だと、子供2人お迎え行って帰宅するのが約17時。
夕飯の買い物して帰ったら早くて17時半、だいたい18時。

なので、これまでは「洗濯やって、夕飯作りながら、宿題チラ見」が多かったです。

だけど本音を言うと、やっぱり宿題はつきっきりで見てあげたい。
お受験年長児の娘はもちろんなんだけど、ついつい小学校2年生ともなると息子には「○○までやっといて」って言いがち。
実際にもう大体は1人で解けますからね。

だけど「まだ」2年生でもあるわけで。
たまに時間に余裕があるとき、息子につきっきりになると「リアルタイムに指摘してあげる」ことの大切さを痛感します。

まとめて解かせて、まとめて採点すると、ちょっと熱量が下がってると言うか。
テスト対策としてはその方が見直し力を鍛えるとは思うので、それも必要なんですけどね。

だけど内容によってはやはり隣で見ていて、間違えたらその場で指摘してあげた方が、子供の吸収力には直結するんじゃないかな―って感じることが多いです。

だけど。
いかんせん時間が足りない…。

って話をしたら「時間はお金で買いなさいよ」と夕飯の手を抜くこと(=外注)に肯定的なアドバイスを夫にいただきました。
その心意気は嬉しいんだけど、お金は無尽蔵にあるわけなじゃい我が家(笑)
そうそう毎回外注してたら大変なのよ!

宿題に寄り添う時間、もうちょっと増やしたいなー。

ブログ村

情報収集はいつもブログから!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加