小2 「もしものときはランドセルを捨てろ!」ができるだろうか。

息子を駅に送っていくとき、制服警官が複数人、公立小の通学路を巡回する姿を見かけました。
これまで交通指導員はよく見かけましたが、制服警官の巡回は初めて見ました。
それだけ衝撃の大きい事件だったんだなと1日開けて改めて痛感します。

昨日の事件、お恥ずかしい話ですがまだ息子にできてません。
昨日の夜、今日の朝、息子と二人になる時間はたくさんあったのに、もちろん忘れていたわけでなく「どうやって話そう」って息子を前に考えていたのに言葉を発する事ができませんでした。

事件の事をどう伝えたらいいのかわからないんです。
どこまで詳しく伝えるべきか、詳しすぎたら息子が登校を怖がってしまうのではないか。

でも伝えないといけないし、「もしも」のことを親子で話し合わないといけない。

難しいですね…。
親バカかもしれないけど、息子は心配性かつ怖がりな面があるのでやはり危険性を伝える言葉の選び方は気を付けないとって感じてます。

そして対処法なんですが、やはり「いざというときはランドセルを捨てろ」って教えないと、と考えてます。

小学生はただでさえ危険を察知するまでのタイムラグがある上に、中高生に比べて「ランドセル」というのが逃亡する際に最大の足かせになってる思うんです。
だから「ランドセルを捨てろ」と教えたい、いや教えるつもり。

だけど現実問題、うちの子はランドセル捨てて逃げる事できるかな?
できるできないじゃなく、教える事が大事なのはわかってるんですが。

今日こそは息子と話し合わないと。

ブログ村

情報収集はいつもブログから♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加