年長&お受験 「末っ子」「早生まれ」の娘、最大の課題は持続力。

小学校受験における早生まれのポジションってほんとにもうね…。
色々な方に言い方こそ違えど、要は「可哀想に…」ってことを言われます。

一応、第1希望校は「月齢考慮はします」とのことではあります。
あと、兄の姿を見てきたので「小学校に入る為の塾通い・勉強」に関しては何の疑問も持たず「そういうもの」と受け入れている様子。

学力は、うーん、親バカ補正込みですが、まぁ、今の時期にこれだけ解けてるならいいんじゃない?とは思います。
得意不得意はあるけど、私もまだ今の時期はそんなもんでしょという感じで許容範囲。

ただ。
ただね。

比べてちゃいけないとわかってるけど、やはり比べてしまいます、兄と。
兄よりいいところもあって驚くこともあるし、兄よりだめなところが不安になることも。

兄よりいいところは「センス」と「スピード」
兄よりだめなとこは「持続力」

兄は良くも悪くもペースを崩さないタイプ。
スピードが欲しい所でものんびり(笑)
簡単な問題でケアレスミスもするし、学年越えたような難問でもスラスラ解く。
感情面もフラット。
疲れていても宿題は淡々とこなすし、感情より理屈で動くタイプ。

かたや娘。
やるときはすごいやります、ペースもセンスも冴えまくってるときは兄を越えてくる。
ノッてるときの勉強量は「もう終わりにしていいよ」って私(鬼母)がストップ入れるくらいやります。
だけど、やらないときは徹底的にやらない(笑)
疲れていたらやらない。
理屈より感情で動くタイプ…。
この女子、ほんとーにめんどくさい…。

そんなわけで、受験はもちろんですが、入学後の勉強量を淡々とこなせるのかすごい心配。
兄の宿題やテスト、長期休暇の課題とか見てると「毎日淡々とこなす」というのが必須です。

正直、2人目ともなると「合格」はもちろん、「入学後」についていける学力と持続力がどれくらい必要か見えてるので、娘が入学後に困らないように少しずつ「毎日すること」を身につけてあげたいなとは思っているのですが。

つきつめると、この私が、何より飽きっぽいんでね(笑)
さすが私の娘、というか、過去の私を見ているようで複雑な気持ちに…。

とはいえ、私と同じままでは私以上の道を選べないので、ここはなんとか今のうちに軌道修正してあげたい…!!

受験は単なる入口、大事なのはその先。
小学校受験は親が試されてるなーとひしひし感じますねぇ。

ブログ村

情報収集はいつもブログから♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加