小2 「最近の親は教師を敬わない(のがダメ)」って言うけどさ。

4月といえば、新学期、クラス替え、新しい担任の先生。
そして保護者会総会、授業参観、保護者懇談会。
これが小学校での4月あるあるでしょうか。

息子が通う小学校でも今月ありました、総会からの授業参観、そして懇談会。

結論から言うと、今年の担任の先生は期待薄。
どうしても、どうしても去年の担任の先生と比べてしまう…。
去年の先生は「どうしても!ぜひに!」と引き抜かれてうちの小学校にきた先生だけあってベテランの熱量がすごかったです。
宿題のお直しも多くて大変だとは感じましたが、その苦労はすべて息子に還元されているのでありがたい限りです。

なので「学校での事は担任の先生を信じてお任せすれば大丈夫」という無条件の信頼があったんですよね。
勉強のことだけでなく、お友達間のトラブルや、学校での生活態度とかも。
先生がダメというならうちの子が悪いんだろうなって。
まさに「先生を敬う」という状態。

そして今年の授業参観を見終えた私の感想。
「今年は家でしっかり目を通さないとやばいぞ」

新学期になって宿題のお直しがだいぶ減ったのは気が付いていたんですが、「授業中でカバーしてるのかな?自分で治す・気が付くを重視してるのかな?」と想像していたけど、どうやら違う模様。
ただ単に、前の先生ほど全体を見渡せる力量が足りてない。新任の先生だからっていう面もありますが、去年の先生も新任だったんですけどね…

授業参観も他のお母さんが「どっちが担任?」って言うくらい副担任の先生がフォロー入れて仕切ってました。
えぇ、私も同意。

そして極めつけは保護者懇談会。
担任の先生と保護者が初めて顔を合わせる場。
私が担任だったらここ1番の見せ場というか、プレゼンの場だと思うんですけどね、自分の仕事をやりやすくする(クレームそらし含む)ためにも。
去年まさにそうでしたし。

それが今年の先生は、
1.保護者と目を合わさない
 →ずっと天井方向を見て誰とも目を合わせない
2.会話にため口が入る
 →「○○なときって●●なのね、だからー」
3.タイムスケジュール把握してない
 →保護者でフリートークしてください、からまさか3分で「ごめんなさい、次が押してるって副担任の先生から言われましてー」

担任替えて、とかは全くないです。
去年の先生がたまたま素晴らしかったので比べてしまってるだけだし、今後大学卒業するまで長い長い学生生活でいろんな先生に巡り合うのは必須ですし。
これもひとつの試練。

ただ「この先生になら何があってもついていきます!」という敬う気持ちは?と聞かれると、うーん。
「あー今年はそういう1年かー、しゃーない、がんばろ」と腹をくくった、というのが本音。
もちろん子供にそんなことは言いませんよ。
あくまで子供の前では「先生の言う事に従いなさい」というスタンスは引き続き変わりません。

ただ心配しているのは、去年の授業参観ではいつもピシッとしていた子供たちの授業態度が少し緩んでいたこと。
荒れるとかには程遠い、まだまだ良いクラスですが去年ほんとにピシッと素晴らしくて感動したので「あれ?」と。

私だけでなく他のお母さんも「あの子あんなに緩んでたなんて…帰ったら説教だわ」と。
うちの息子も例にもれず去年より緩んでたので、説教するつもりだったけど「授業参観どうだった??」とキラキラした目で言われてしまったので「上手だったよ!よくやったね!!」と無条件で褒めておきました…。

今年1年、息子が伸びるかダレるかは家庭に9割かかってると思った方がいい、というのが私の感想。
去年は家庭3割くらいで十分、って信頼度だったんだけどなぁ。

今年は親が試されている1年…。