小学校卒業式の袴問題、「配慮」じゃなくて「常識」を求めればいいのに。

昨今ちょっとした話題ですね、卒業式の袴がどうたらこうたら。
現場を見た事が無かった私は当初「いいじゃない、和装」とか考えてましたが、色々と画像を見ると某成人式みたいなお嬢さんがわりといてびっくり。

たしかに、ここ数年「和装」が二極化してますね。
結婚式で花魁みたいな和装を好む層が、七五三とかでも「そのままお店に出勤ですか?」みたいな和服姿で登場しててびっくりしたものです。

あといわゆる普通の古典的な袴を着てる子も、実は朝早くから着つけにヘアセットにと準備が大変&着なれてないからトイレひとつにも苦労しまくり、とも。

そんな昨今の和装事情を鑑みると、
「小学校の卒業式で袴は禁止」
っていうのは別に仕方ない流れなのかもしれないな、って感じます。
着物は好きだしかわいいから個人的には好きですけどね、子どもの袴姿って。

ただ!ただね!
ニュースで見たとある学校はその理由が「(高価な袴を)着られない家庭の子どもにも配慮すべき」とあってそれは違和感。

禁止の理由が服装の値段だとしたら、ショッピングセンターにあるような安価な袴一式よりファミリアあたりで「ワンピース+ボレロ+ブラウス+靴」の方がよっぽど高いと思うんですけど…。

「小学校の卒業式は中学の制服でいいじゃん」って話も聞きますが、私これ反対、超反対。
私が卒業した公立小がなぜか「男子だけ」その謎規則でしたが、私立に行った男の子が目立ちまくってて可哀想でした。
私も私立進学したけど、女子は私服だった(この辺いまだ謎)ので難は免れましたが…。

これだって中受が当たり前の地区なら「中学受験に失敗した子に配慮を」って話になりますよ、絶対。

規則が無い(禁止されてない)ことを理由に常識から外れた選択をする親がいる以上、服装に禁止事項が生まれるのは仕方ないと思います。
だけどその理由を「配慮」にするのはどうなの?っていうね。

普通に「厳粛な卒業式として相応しい服装」「(着付けや美容院等)子供の体力的な負担軽減」「慣れない和装への負担」とかなんとか、いわゆる「常識」を理由に禁止するのはだめなのかなー。

どーにも個人的に「○○できない人へ配慮すべき」っていう考え方がしっくりこないんですよねぇ。
やろうとしていることが正しい事でもその理由が「配慮」ってだけでなんかこう、違う方向に行ってる気がして。

うーん、うまく言えない、難しい。
まぁ、おばちゃんがモヤモヤしたっていうだけのお話です。