小1 今更ながら11月の四谷大塚テスト結果、偏差値60ちょい程度。

数日前、やっとこさテスト返却面談を受けてきました。
私より前にに面談を受けた、同じ小学校のママ友さんから担当の先生は煽りが凄い(詳しくはコチラ)と聞いていたので臨戦態勢で挑んだのですが、結果としてはそれほどでもなかったです。
バトルになっても面白かったのに、と思ったのはナイショ。

さてさて本題。
息子の結果ですが。

偏差値は60ちょいってところでした、なんともコメントしにくい可もなく不可もないゾーン…。
酷い!ってわけでもないし、凄い!ってわけでもなく。
全国順位だって二桁!とかなら凄いと思うんだけど、これまた可もなく不可もないゾーン…。

国語がねー、少し足引っ張ってますね。
というのも、最後の数問時間が足りなくて解けなかったのが痛手。

解けた問題の正答率はいいけど、時間が足りないってことは解けるまでに時間を要しすぎってことなので読解力が足りてないですね。

まぁ、正直なところ小学校1年生の偏差値にどれほどの価値があるんじゃい!って感じではあります。

でも初めての模試だったので、これを基準に次との比較ができるのはいいですね。
今回の息子と、次回の息子を比べる基準ができたのはいいなぁと思います。

息子本人は自分の上にまだまだたくさんいる現実を知りたいそう悔しがってました、意外。
悔しがるって大切ですよね、そういう感情は教えること出来ないのでちょっと嬉しかったり。

そんなわけで親バカもありますが、次回また6月の全統テストも受験したいなと思います。

ただ!
試験会場は別のとこにすると思う…。