4歳&お受験 「ライバル」との距離感が分からなくて疲れる。

都内の小学校受験も本命校と呼ばれるところはもう発表も済んだ時期ですね。

ほんとにほんとにお疲れ様でした。

私立組はもう今年度入試は終了の空気、つまり新年度への切り替えです。

娘もいよいよ新年長、あと1年。

話はそれますが、いま全国的に小学校受験をする家庭は増加傾向となにかの記事で読みました。

なので、倍率が上昇傾向の小学校が増えてるそう。

息子の通う小学校も倍率は年々上がってます。

我が家が通う幼稚園、息子の学年では同じ小学校を受験したのは息子1人だけでしたが、それが前例になったのかなんなのか娘の学年ではわんさか受けるそうです。

下手に息子が通ってるだけにあれこれ遠回しに探りを入れられる、なんともはがゆい会話も少なくなく。

いやわかる、気持ちはわかるんですけども。

こちらも遠回しに聞かれると、なんて答えたらいいのか迷ってしまう。

もうね、最近は人が多い時間帯のお迎えは避けたいのが本音。

他の学年のお母さんからも色々聞かれるけどそれはね、別にです。

言葉は悪いけど「ライバル」となる人との距離感が私の中でどうしたらいいのか掴めてなくて疲れてます。

私の知識なんかで役に立てるなら教えてあげたいこともたくさんあるけど、来年それが通用するかもわからないし、何よりうちの子だって受かるかわからない。

兄弟枠あるんでしょ?なんて外部の方には気安く言われますが、兄弟児で不合格は過去にありますし倍率見ればそんなこと言ってられないのは一目瞭然。

受験までの1年間、石ころぼうし(わかります?)を被りたい…。