小1 受験数が最も少ない1年生で「全国統一小学生テスト」を受ける理由。

四谷大塚の全国統一小学生テスト、有名ですね。
6月のはまだ新生活にバタバタしてたのでスルーしましたが、11月のはエントリーしてみました。

ちなみにいま通っているのは四谷大塚系列の塾ではありません。
昔は全統テストを受験させてらしいんですが、最近はその難問のクセが強すぎて「全統テストの対策」をした子じゃないと解けないような問題設定が「実力テストとしてはどうなの?」という塾長先生のご意見らしく…。
それでここ数年は塾としては受験は薦めてません、とのことでした。

まぁ先生のおっしゃることもわかるんですけど、やはりいろんなことにチャレンジさせたいのが私の本音。
いいテストかどうかも実際に受けて私の目で判断したい!と思い、独断で申込みしました。

ただ。
小学校1年生って他の学年に比べてとにかく受験者数が少ないですよね。
そもそも四谷大塚ですし「中学受験に向けて」を想定してるだろうから、高学年がピークなのは仕方ないですが。

で、夫にも聞かれました。
「少ない人数で受けて意味あるの?」

私としてはむしろ逆で、1年生でこのテスト申し込む人ってそれなりに教育意識が高い人が多いだろうなぁと(勝手に)想像。
国立や私立の小学校に通うお子さん、1年生時点で中学受験を意識して動き始めてるお子さん、四谷大塚系列の塾に1年生から通っているお子さん、あたりが多いのかな?なんて。

なので、だからこそ。
「その層にうちの子を放り込んだ時どれくらいの順位なのか」
に興味があるのです。

周囲には低学年クラス設定がある四谷大塚系列の塾も少なくないので、バッチリ対策してくるお子さんも多いかと思います。
逆に、うちの子は対策なしで「素の実力」を計ってみようと思います。

これまで幼稚園時代は「志望校内」、入学後はは「小学校内」という括りでしか順位を計ったことがなかったので、「全国」という響きにちょっとドキドキ!

ちょうど2年生以降の塾探しもしてるとこですし、まずは今の息子が「全国で」どういう状況なのか、今後何か必要なものがあるのか、見てみようと思います!!