小1 「本を読まない」子供にオススメしたい「ドラえもん科学ワールド」

幼稚園児まで本は「読み聞かせされるもの」だったのを「自分1人で黙々と読む」にシフトするのってなかなか難しくないですか?
「本が好き」って優秀なお子さんもいるとは思いますが、我が家の息子(ボンヤリ男子)はそう自然にはいきませんでした。

この春から小学校に入学し、音読の宿題を毎日聞いていて、息子の実力?的に「まだ1人で黙々と本を読むには早いかな?」と感じていたので「本を読みなさい」とは特に誘導してなかったんですよね。

だけどこのところ毎日図書館の本を借りるのが学年で流行っているようで、例にもれず息子もお友達と図書館へ行くのが楽しい模様。
まぁ、その流れで本も借りるわけですよ。

正直ね、最初は絵本みたいな本ばかりセレクトしてました。
「読む」ためというより「眺める」感じの本ばかり。
「この子は読書が苦手なタイプかな?」なんて思ってました。

それが。
ある日を境に読書にどっぷりハマらせてくれたのがこのシリーズ。
ドラえもん科学ワールド(小学館公式HP)

幼稚園時代、ドラえもん大好きだった息子にドンピシャ。
それまでランダムに特に意図も感じられないチョイスだったのが、この本を1回借りてからは続々と同じシリーズを借り続けて一気読み。

借りた日は「もう寝なさい」と言っても最後まで読破しないと寝ないっていう。
それまでのボンヤリ男子がうそみたい。

中身はマンガと読み物で構成されております。


「マンガなんて読書じゃない」って方もいるかもしれませんが、私としては「本を読む」きっかけになってくれたのでマンガでも大歓迎。

それまで本は「読んでもらう」ものだったのが、「自分で読む」にシフトチェンジするのってすごい大きな壁があると思うんです。
なのでその壁を越える「きっかけ」は活字であろうがマンガであろうが私はウェルカム!!

たとえマンガでも「本を読む」習慣が当たり前になってくれたら、活字オンリーの本はその後に少しずつ増やしていけばいいかなと。
まずは「本を読む=楽しい」になってくれただけで嬉しいです。

余談ですが、大人の私が読んでも面白いですコレ(笑)