小1&年中 「なんでできないの?」を口に出さない精神修行

1人目で通ってきた道、そして2人目で今まさに通ってる道。

息子が受験を控えてた年中年長時代、宿題を家でやるのに四苦八苦したもんです。

気が短いからね、わたし。

あと働く母は家での時間が限られてるからせっかちになりがち(言い訳)

もしかしたら中学受験の問題になると私にも教えられない可能性あるけど(笑)、さすがに小学校受験の問題ならわかるってもんですよ。

なんの自慢にもならないけど!

だけど「わかる」と「教える」って全く別次元なんですよね、ほんとほんと。

私の教え方が下手なのと、やはり気が短い(笑)せいで、子どもに理解させるのにほんとーーに苦労しました。

何が辛いって。

「なんでできないの?」

だけは言わないようにしよう!と一応気を使ってるから。

いや、喉まで出かかってますけどね!

なんとか飲み込むのです。

これが辛い。

心を無にする修行をしているよう…(大げさ)

そして「(子どもが)できないのは私の教え方が悪いからだ」となるべく怒りの矛先が子どもに行かないようにしてます。

たまに失敗して子ども叱ることもあるけど(笑)

で、いま。

早生まれで色々苦戦した娘もやっと分野によっては(←ここ重要)受験問題が解けるとこまできましたが、「しりとり」が苦手な模様。

しりとりって!

おしりの文字を繋げるだけじゃん!

って気の短い私は思ってしまうけど、目の前の娘には難しいんだから仕方ない。

そして私の教え方が悪いから娘はわからないに違いない。

ってことで。

宿題から離れて、朝の時間にひらがな積み木で遊んでみてます。

私の下心なんてつゆ知らず、遊んでる娘は楽しそうでなにより。

ちなみに息子も、国語のちょいと難しい文章題に苦戦しがち。

これも教えるの難しいっす。

何度言ってもわからないのはたぶん教え方が悪いんだろうなーって。

結論

先生は偉大である

そして時間に追われる働く母は外注(塾)に走るのであった…