小1&年中 なぜ「子どものやる気」と「親のやる気」は噛み合わないのか。

ほんとに摩訶不思議。
なぜ、なんで、どうして。

子どもがやたらやる気スイッチ入って「○○(勉強)やりたい!」と鼻息荒く意気込むときに限って、私は疲れ切ってて「えー…いまー…??」となってしまうのは何故なのか。
*私がダラなのはまた別の話(と思いたい)

私が「○○やろう!」と言うときは子どもが「えー…いまー…??」ってなるくせにー!!

私と子ども達のやる気スイッチが全く噛み合わない、本当に噛み合わない(笑)
おかげで、だいたいどっちかがやる気ない…。

よくあるのが、塾がある日は帰りが遅いので帰宅と同時に「お風呂」「食事の準備」「学校の宿題」「翌日の支度(2人分)」を怒涛の勢いで済ませないといけません。
じゃないと夕飯が遅くなってしまうから。

で、いざ準備整って「いただきます!」しようとすると、必ず娘が
「おべんきょーしたい!!」
と鼻息フンフン。

えぇまぁね、塾で先生にたくさん褒めてもらって(そういう方針の塾)やる気ボルテージ最高潮になってるのでわからんでもない。
だけど夫も息子も腹ペコなので「とりあえずご飯たべよ?食べたらまたお勉強しよ?」と諭すものなら、プクーっとふくれっつらですよ。

「いま!おべんきょーしたいのに!!」って感じ。
で、しぶしぶ(笑)付き合う私。
でも時間によってはふてくされても、先に食事をさせちゃうことも。

息子もそう。
私も夫も帰宅してから洗濯家事育児を手分けしてバタバター!!っと駆け抜けた後に、2人で一息ついてホッと休んでるときに限って、
「ねーおかーさん、これ(問題集)やろー?」
みたいな。
それ前回やったのいつだよ?ってくらい久しぶりの持ち出したりする、あるある。
しかもそれちょっと難しいやつ(親の労力大)だよ!的な。

そして、親が「よし!今日は子どものお勉強に付き合うゾ!」というテンションの時は全く乗って来ないっていうね。
世の中うまくいかないなぁ…。

でも思い返すと、自分の子どもの頃もそうだったかも(笑)
そう考えると、いつどんなときも全力で勉強見てくれる「塾」ってやはりありがたい…。

私が教える90分と、塾で先生が教える90分。
同じ時間量でも質というか、効率は比べ物にならないですね。
特に私みたいな、すぐ「えー…」って顔しちゃうダメ母には塾の先生ありがたいですほんと。

でも来年秋の娘の受験が終わるまでは私ももうちょっと余裕作らないとな…。
娘が解く問題もだいぶ本番に近いものになってきたので、ハッとさせられました。

ら、来週から頑張ろう…(弱気)