小1 「(ボクも)大人の1人前を完食したよ!」という達成感。

うちの息子、最近よく食べる。
幼稚園時代から身長が高くて、クラスの集合写真撮ると頭一つ分は突き抜けてる感じでした。

それは小学校入学式でも同じで、いまだに「3年生くらい?」とよく聞かれます。
卒園前に届いたピカピカの制服&ランドセルで写真撮ってキャッキャしたときも、写真を見返すと「新入生には見えない貫禄」が…。

ちなみに体重は身長相応。
肥満指導も受けてないですが、別にヒョロガリでもなく。
まー、可もなく不可もなく、至ってフツーの小学生ダンスィ。

そんな息子、小学校に入ったあたりで「お子様メニュー」では足りなくなりました。
うすうすそんな予感はしていたけど、もう少しお子様メニューでいてくれ!と思ったとか思わなかったとか(予算的な意味で)

「お子様メニュー+サイドメニュー」とか「お子様メニュー+デザート」とかでしのいでみたりもしましたが、
「もう大人メニューでいいんじゃ?」
と思って試したらわりと食べた、食べてしまった…。

その瞬間、
「もう、外食は大人3人分だな…」
と苦笑い。

そうですね…。
これからこうやってどんどん食費が膨らむのですね…(白目)

それ以降なんですが、息子は「大人と同じメニュー」を全部食べられることがちょっぴり嬉しい模様。
もちろん、毎回は無理です。
お店やメニューによって量もマチマチですからね。

だけど完食できると、
「おかあさん!見て見て!ほら!ピカピカ!」
と誇らしげにお皿を私に見せてくれます。

ちょっぴり残してしまったときは、
「ここまで食べられたよ、ほら、もうあとちょっとだけだった!」
とか。

ねー。
もー。
アレだ。

可愛いヤツめ(親ばか)

財布的には痛手ですが、自分の成長を誇らしげに報告してくる1年生ダンシが母的には微笑ましいっす。
とはいえ、肥満にさせるわけにはいかんので、そこらへんのサジ加減が難しいところ!!