小1 学校でもいよいよ始まった、漢字学習に震える母。

小学校1年生の2学期、いよいよ始まりましたね「漢字」
みなさまどれくらい先取り学習とかってされてるんでしょうか?

うちですか?
漢字はノータッチです、ハハッ!!

塾ではすでに国語も算数も2年生のテキストに突入しましたが、国語は読解力重視で文章題メインで進めてるので漢字は「読める」けど「漢字テスト」の項目はスキップしてます。
塾とは別に夏休みの自宅学習で「国語」としてやったのは、「ひらがな」の総復習と「カタカナ」の先取り練習。

1学期を終えてみて、学校の宿題で「ひらがな」のお直しチェックの厳しいこと!厳しいこと!!
そして宿題プリントの多いこと!多いこと…!(疲)

これが私立の洗礼か…と思いつつ、「お直し」で帰されるプリントを見て、夏休みの息子に必要なのは「先取り」より「復習」と思った次第です。
私が仕事してなければ家庭学習の時間がもっと取れたかな…?と罪悪感を刺激されつつ…。

そんなわけで、漢字は「少しは読める」けど「書き取り練習」は未経験の我が家。
今週からいよいよ始まったよ!学校での漢字!!!!!

そして漢字学習のスケジュールとかも発表されまして。
授業と並行して「漢字ドリル」と「漢字練習帳」を毎日数ページ(もちろんお直しアリ)、週2回の漢字テスト(もちろんお直しアリ)、あと随時進度に合わせて追加プリント。

多いなぁぁぁぁオイ!!
そのお手紙、3回くらい読み返したよね(笑)

この他にも、国語でカタカナと文章題のプリントが出て、音読が出て、英語と算数のプリントも出ますのでね…。
もちろん「お直しアリ」ですので、その日出たプリントの倍くらい持ちかえってきますぜー…。

これはもう、子どもの力ではなく完全に「親の管理能力」を問われているヨ!!!

この夏休み、ひらがなの総復習をさせたのは「書けるけど雑」なところを克服して欲しかったから。
はてさて、その成果は漢字学習に活かされるか…、どうかなぁ…(不安)