小1&年中 小学校役員と幼稚園役員と仕事の両立、学年によっては意外とやれる。

「仕事をしているお母さんは役員から逃げ回る」的なお話をネット界隈ではよく聞きますが、私の周囲では「そんなことないけどな」と感じてます。

ちなみに幼稚園は園からの指名で、入園年度の役員が卒園まで持ち上がります。
小学校はクラス役員(任期1年)は立候補制で、本部役員(任期2年)は学校からの指名。
私立特有?の文化?なのかなんなのか、幼稚園も小学校も「園(学校)からの指名」を断ることはほぼないです、そういう空気は一切ナイ!(震)

幼稚園は正直なとこ、娘の学年は覚悟してました。
二人目だしね、噂レベルでしかないけど耳にしていた「役員指名される暗黙のルール」的な条件を満たしていたのでしゃーない。
ただ、私の予想より声がかかるのが数年早かった!

とはいえ「まぁなんとかなるか」と思い始めた役員生活、というか謎の空気に従って「断る」という選択肢は出せなかったチキン。
気が付いたら去年は息子(年長)と娘(年少)のダブル役員。
そして今年は息子(小1)と娘(年中)でダブル役員。

感想としては、
「年長学年以外はたいしたことない」
です。

年長さんの学年はほんとしんどかった。
「卒園」というイベントがなんと重いことか…。
「お泊まり保育」「最後の運動会」「最後のお遊戯発表会」「卒園式」「謝恩会」「卒園アルバム」とかなんとか行事目白押し。
そして保護者会行事を仕切るトップも「年長学年の役員」になりますので、それまでは「〇〇さんに聞けばいいやー」の「〇〇さん」が自分たちになってしまうという。

そして今思うのは、
「小学校のクラス役員、ラクだわー!!!!」
ということ。
いやでも本部役員さんは大変そうです、これだけは避けたい…。

私立のせいか、何か行事があってもボランティア的な人がたくさん名乗り出ますので、やることほとんどない(笑)
ちなみにクラス役員は立候補の人でサクッと決まりました、というか立候補が多くてジャンケンで決めたという世にも奇妙なお話。
いや、私も立候補ですけどね、娘の受験を控えてるので下心アリの立候補です、さーせん。

なので、去年二人の学年でダブル役員やってて、特に3学期が本当に忙しくて(仕事抜けまくり)大変だったので「(娘の受験のために)小学校のクラス役員、立候補したいけどどうしよう」と悩んだりもしました。
が、ふたを開けてみたら全然ラクだったという。

予定を聞く限り、小学校役員で仕事を調整(半休とか)するのは1学期に1回あるかないか。
むしろ全保護者対象の授業参観とか引き渡し訓練とかで調整することのほうが断然多い、でもそっちは夫と手分けして乗り切ってます。

あと1年生はまだお母さんたちも「はじめまして」が多いので、お互い気を使ってくれてやりやすいですね。

やはり「小学校の役員は低学年で済ませとこう」という巷の噂は理にかなってる気がしてきた…。
ほんとに楽です、1年生役員。
下の学年いないのでね、仕切ることもなく「お手伝い」でしかないです。
その学年で「最初の役員さん」になるので、変に前年度役員さんのやり方とか気にしなくていいですし、なんというか「しがらみがなくてやりやすい」です。

仕事してると、前任者のやり方がちょっと気になるときってないですか?
「もっとこうしたらいいのに…」ってやつ。
それがなくてサクサク自分たちのやり方で進められるのは「1年生役員の特権」かなと。
まぁ、学校にもよるかもしれないけど。

なので、
「仕事をしていても役員はわりとやっていける!」
「どうせやるなら1年生の役員オススメ!」
「年長クラスの役員はやめとけ!」
という私の経験談でした(笑)

来年はその年長役員なんですけどね(白目)