4歳年中 お願いごとがあるときだけ「ママ」を使う女子力。

我が家は息子のとき同様に、娘も年少さんのときに「ママ」→「おかあさん」に移行しました。
いや、もちろん勝手に変わったわけじゃなく私が少しずつ誘導した結果なんですけども。

別に、「おかあさん」呼びにこれといってアツい理由があるわけじゃないです。
息子の小学校受験を意識し始めたのが年少さんあたりだったので、まぁ軽い感じで「念のためお母さんにしとくかー」的な。
正直なとこ幼稚園児くらいだと「ママ」って呼んでくれる方が可愛いですけどねー。

そして2人目である娘も同様に「年少さんになったりまぁそろそろ」という感じで「おかあさん」に軌道修正し、かれこれ1年近く「おかあさん」と呼んでくれてます。

この「おかあさん呼び」に関しては息子より娘の方がしっかり(?)していて、夫が私のことをうっかり「ママさぁ」なんて呼ぼうものなら、
「ママじゃないよ!お!か!あ!さ!ん!」
とすごい勢いでスッ飛んできます(笑)

そんな娘が。
この夏休みあたりから、チョイチョイと私を「ママ」と呼ぶんことがありまして。

最初は何も気づかなかったので、「どしたのー?いまママって言った?」って笑いながら聞くと「えへへ、おかあさーん」と言い直す娘。
そんなことが数回あったなぁなんて思ってた昨日、また「ママ」って言う機会があって。

そこで、ハッ!!!と気が付いた!
こ、こいつ、お願い事があるときだけ「ママ」って呼んでる…(震)

「ママ」って言うのは「○○ほしい」「○○やって」「○○いきたい」ってときばかりじゃないのー!
あと最新のは「今日ハ塾イキタクナイ」というのでしたね(笑)

女子、これが女子、女子おそるべし!

でもちょっとおもしろかったので即効オットに報告しときました、はい。