年中&お受験 偉そうなこと言っておきながら自分がアレな人。

私のことです(キッパリ)

このところ、小学校受験について目に見えない出費がどーとか、私立を受験する理由がどーとか、それはもうデカい顔でなんやかんや偉そうに書いてますけども、我が家の2人目長女(年中児)の仕上がりは「・・・」でございます!!

去年は息子が受験生だったのもあり、ひたすら息子のスケジュールに合わせる生活。

正直は話、年長児&年少児の2人の受験対策を同時に対処できるスキルが私にはありませんでした。
いや、はなからやろうとすらしなかったと言うべきか…(汗)

とはいえ。
息子は年中秋からのお教室通いでしたが「倍率うなぎ登り中」「娘は早生まれ(2月末)なことを考慮して、娘は年中春からのお教室通い。
なんだかんだ3ヶ月ちょっと経過しました。

現時点でどうかというと。
「思ったより吸収がいい」
というのが親ばか目線。

というのも、娘にとっては兄がしていた「お勉強」「お教室通い」が憧れだったみたいですね。
家でお教室の宿題していたら、めちゃくちゃ邪魔してきてた娘ですが「私にもやらせろ!!!」という意思表示だったようで。

そんなわけで「あこがれのお教室通い!」に夢中な娘は、お教室から帰ると同時に「宿題やる!!全部!!」と鼻息荒くやる気満々。

でも、帰宅後は洗濯に炊事にお風呂にとスケジュールパンパンなのでそこで娘の宿題に全部付き合うとなかなか難しいのが現実…。
ここで娘に全力で時間を割いてあげられたらもっと伸びるんだろうな…と分かってはいるんだけど。
苦しいところです。

ただ、難点としてはやはり「まだ幼い」に尽きますね。
だめとわかっていても、今の時期(年中夏)だった頃の息子と比べてしまうと、やはりちょいと幼い。

夫は「娘には(息子ほど)やらせてきてないんだから当たり前だよ」と言われますけど、時間を割いてる余裕がなかったんだから仕方ない。
私の体は一つしかないのでね。

なのでここからは少しペースアップして来年につなげなくては、と頭ではわかっているんですけども。

小学校の膨大な宿題をする小1息子、受験対策をする年中娘、どっちも全力で見てたら夕飯が作り終えるのは19時過ぎますね。
そこから食事して、お風呂入れて、本読みして、就寝は21時。

もう寝るのが遅くなっても仕方ないのかなー。
あとは朝か…。
息子登校後、娘登園前の時間に娘の勉強時間を作るしかないか。

朝から頭を使うの、苦手な母なんだよなぁぁぁぁぁ(逃)

そんなわけで、えらそーなこと言ってる割に自分は残念な私のお話でした。