年中&お受験 「目に見えない」出費を侮ってはいけない。

7月も後半戦、説明会もそろそろ試験色の強い内容になってきた学校も少なくないですね。
幼稚園が夏休みに入ってからはほんと、いろんな事が怒涛のスケジュールで時間に流されるまま慌ただしく過ぎたのが懐かしいです。

そんな去年を思い出していたら「そういや、目に見えない出費が多かったなぁ…」とほんとしみじみ思いまして。
どんなことにお金が消えて行ったか思い返してみました。

まずはわかりやすく「目に見える出費」から。

●お教室代
いわずもがな。
夏期講習、直前講習、模擬試験、学校別講習、願書添削、お教室に払う金額です。
これはほとんどの方が最初から試算に入れてる項目だと思います。
いざ直前になると、思ってた予算より大幅にオーバーするのが常だとは思いますが…。

●問題集・コピー代
これは自宅用ですね。
こぐま、理英、伸芽、過去問、巧緻性、などなど。
皆さん朝勉とかで物凄い量のプリントこなして、それがまた原本のコピーを何度も何度も繰り返してて。
でもこれもあらかじめ念頭にある費用だと思います。

●洋服・小物代
お教室代の次に大きいのが洋服代。
子どもはもちろん、お受験スーツ、国立組だとコートなど。
さりげにお受験バッグやスリッパ、靴、髪飾りなど地味ーに小物もチリツモでそれなりの出費。
でもこれも想定内かと。

●交通費
私は車利用ですが、お教室へ公共交通機関で通う方やタクシー利用される方はこれも必須ですね。

●受験料・写真撮影代
我が家は専願だったので1校ですが、複数受ける方は受験料だけでもバカになりません…。
そして写真撮影だって「本人」「家族写真」とか提出する学校分となるとなかなかです。

目に見えた出費、初めてのお受験の方でも容易に想像できるものといったらこれくらいでしょうか。
そして本題、「目に見えない出費」がこちら。

○クリーニング代
5月ごろから始まる説明会ラッシュ、夏用素材を着ていてもなかなか暑いです。
で、説明会のたびにクリーニング出しますがなかなかの出費になります。
子どもの物はわりと自宅洗濯できますが、夫と私の服が毎回クリーニング行きっていう。

○カフェ代
去年の「小学校受験百科」にも書いてあった項目ですね。
自分が受験する前は「カフェ代とか(笑)うちに限ってナイナイ(笑)」って思ってました…。
でも真夏のお教室通い、我が家は母子分離のお教室だったので当時まだ年少の娘もいたりすると、「涼しい」「時間がつぶせる」「娘を食べ物で釣れる」が揃ったカフェという場所は避けられませんでした。
で、2人分×お教室コマ数分、しかもお教室のある場所って私立小の近くだからか意識(=値段)の高いカフェばかり…(涙)

○外食・惣菜代
これは私の母力・女子力が低いせいも否めませんが。
夏休み辺りからお教室のコマ数が増えます、当然帰りも遅くなります。
その上、山のように宿題もあるし、とはいえ就寝時間は譲りたくないし。
そうなった時に手っ取り早い時間の作り方って「食事の外注」になります。
夫の帰宅時間が合えば外食もありますが、1番多かったのはスーパーのお惣菜やデリでのテイクアウト。
お受験の為に惣菜なんて本末転倒じゃない!と失笑されてしまいそうですが、直前期はそんなこと言ってられず。

○下の子の預かり保育代
去年はまだ年少だった娘。
申し訳ないと思いつつ、やはり去年は息子の受験スケジュールが優先でそれに着き合わせることが多かったです。
お教室近くの公園で遊んで時間をつぶす事もありましたが、暑さが厳しくなると上記のカフェに逃げることが多く。
もしくは息子の習い事が終わるまで、娘は預かり保育を利用する事も少なくなかったです。
これも有料ですからね、わりとチリツモ。

○美容院代
わたくし、アラフォー、黒髪、胸の位置までのセミロング、パーマというスペック。
「後ろでひとつにまとめてちょびっとほぐす」がおそらく1番多く見かけるお受験母のヘアスタイルかと思います。
もれなく私もなんですが、パーマかけてるとまとめ髪にしたときに不器用でも簡単にサマになるんですよね。
いつもならパーマかけるとしばらくほったらかし(笑)だけど、みんな「似たような髪型が集まると」(←ココ大事)毛先の痛みやとれかけのパーマがすごく目立ちます。
あと黒髪なので分け目の白髪も1,2本でもすごーく目立ちます。
というわけで、説明会前のたびに白髪染めとパーマ、カット。
もちろん夫や息子も…。
大きな出費でしたほんと…。

○化粧品代
基本的にしばーらくデパコスから遠ざかってる私ですら、ちょいちょい買い足してました。
いやほんと、説明会や本番前になると発色とか持ちとかいろいろ試行錯誤せずにいられません…。
本番前は(まだ使えるのに)新しいマスカラやらアイラインやら買い足して、新品の発色に安心するものなんです。

○お教室へのお礼・ご挨拶代
これね。
賛否両論?というかご家庭次第?なのかもですが。
合格後のお礼ではもちろんちょっと奮発しましたが、それ以外にもどこかお出かけするたびにお教室用の手土産を購入して「○○行ってきたので良かったら先生方で…」とお渡ししてました。
自己満足というか気持ちの問題なので難しいとこですけど。

○レジャー代
わりとこれが1番大きいような。
「家族でお出かけ」なんて受験関係ないじゃん!と思うかもですが逆です。
むしろ「少しでも多くいろんな経験をさせなくては!」と強迫観念(笑)にかられて、「いつもはこんなにお出かけしないのに!」ってくらいお出かけしました。
海外旅行、海水浴、キャンプ、プール、川あそび、などなど。
あと季節の行事も「しっかりやらなきゃ!」とこれまた強迫観念にかられますので、「いつもならしないこと」をたくさんスケジューリングすることになります。
季節の行事や体験はほんと、びっくりするくらい受験に直結しますからね。
あと、我が家の場合は受験のストレス解消とばかりにさらに余計に遊んで(=出費)た気が…(笑)

と。こんなとこでしょうか。
ほんとーーーーーに、カードの明細を見て「あれ?(汗)」という月が長く続きました。
1件1件はびっくりする額では無いのでついつい気軽にポンポン支払ってましたが、それが複数、しかも継続してとなるとわりとびっくりする額になってまして。
特に庶民の我が家にとっては…(困)

「チリツモ」という言葉の恐ろしさを痛感した1年だったのでした。