年中&お受験 「なんで私立行くの?」に対するNG回答とは。

親が内緒にしていても、ランドセル商戦の時期や説明会ラッシュの時期になると子供の口からポロリポロリと受験のことが漏れ出るものです。

まぁ、特に私は「お受験するんだって?」というストレートな問いには正直に「はい」と答えていたので徹底黙秘のご家庭よりダダ漏れなんだけど。

そして受験、おかげさまで合格、入学。

ここまでの1年ちょいでわりといろんな方に聞かれました。

「なんで(公立じゃなく)私立なの?」

ってクエスチョン。

棘っぽく聞く方もいれば、自分もお受験を検討してる方、単純に好奇心の方、いろいろです。

去年、たくさんのお受験ブログにて拝読してた中で似たような経験された方も少なくなく、その諸先輩方の意見も踏まえてると「NG回答」が見えてきます。

それは、

「子供が勉強が好きだから」

「子供が行きたいって言うから」

「子供が○○って言うから」

そう、ずばり「お受験の理由を子供のせいにする」こと。

これはね、周囲に対してはもちろん、子供にも言ってはダメだと思ってます。

完全に私の独断と偏見ですけど。

たかだか5歳6歳の子供が自分から「○○小に行くために受験したい」なんて言いだすわけないんです。

「親が」説明会やら行事に連れてったり、「親が」受験教室に通わせたり、「親が」受験が当たり前の環境に子供を置いたり、「親が」その学校の良いところを吹き込んで初めて、「子供が」行きたいって(誘導されて)口にするんです。

あと私立小を受験するのに「子供が勉強が好きだから」もわりと的外れ。

別に公立でも勉強はいくらでもできますし、塾通いを考えたら徒歩圏内の公立小+塾の方が勉強時間は多く確保できます。

私立小通いながらの塾通いはなかなかハードです。

東大京大や医学部など「いい大学」に入れたいだけなら中学受験からでも問題ないかと、勉強が好きな子ならなおさら。

要は「お受験は(環境を買いたい)親のエゴ」って現実を子供のせいにしちゃダメですよ、と。

「子供が受けたいって言うからー」とか「子供が勉強好きだからー」と、「(私は受けなくていいと思うけど)子供が!言うんでー」って説明は周囲もシラけるだけです。

落ちた時の責任転嫁感半端ないですからね。

あと子供に対しても受験の理由を「あなたが受けるって言ったから」と責任丸投げもどうかなと。

いや、子供が志望動機を理解するのはとても大切なのでそれは必要です。

でもその全てを子供に背負わせるのではなくて、「お父さんお母さんは○○小学校のこんなところが素敵だと思う。○○(子供)はどう思う?」とか「一緒に頑張ってみる?」とか。

まぁこれに関して正論が何かは私もわかりませんが、受験の理由を「子供が受けたいって言うからチャレンジさせてみます」と言ってた方は合格発表あたりから音沙汰がない方が多いのも事実。

逆に子供が年長になっても受験の意味を理解させてないご家庭もフェードアウト傾向があるので、さじ加減難しいんですけどね。

ちなみに私が「なんで私立小?」と聞かれた時は「在校生の友達(親)に勧められて行った説明会で、いい学校だなって夫も私も惚れ込んだから」って答えてました(笑)いや、まじめに本当の話なんですけどね。

今回はママ友に聞かれたケースの話ですが、「なんで私立小?」って問いの根幹は願書や面接、そして子供本人の受験に対する意気込みに影響しますので、ぜひご夫婦で腹を割って本音で理由を話し合っておくことをお勧めします!

ここさえ乗り切れば願書なんてスラスラーですから!

コメント

  1. anuenue より:

    こんにちは。

    以前、面接本について問い合わせしました。
    その節はありがとうございました。

    もし記事にされていたら申し訳ございません。

    今の段階でまだ我が家は小学受験を悩んでいますが、sunnyさんのお子様に何故受験をするのか聞かれましたか?そしてその時何て答えましたか?
    また、受験対策を始める時期ですが夫婦で学校見学をして納得してから決めようと思ってますがそれからでは遅いものでしょうか?
    何から始めたら良いのかわからず質問させて頂きました。
    よろしくお願いいたします。

    • sunny より:

      anuenue様
      コメントありがとうございます♪
      我が家が選んだ小学校は難関校ではないのでアドバイスになるかわかりませんが…。

      >何故受験をするのか聞かれましたか?
      聞かれる前に親から話しました。
      年中秋からお教室通いはしていましたが、年長になる前に「小学校は選べる」ことを話し「お父さんとお母さんが楽しそうな学校を見つけたから今度一緒に行ってみよう」と声をかけ、子どもも参加可能な説明会に連れて行きました。
      そこで先生方やお友達(受験生)の雰囲気を気に入ったらしく「あの小学校に行くにはお試験がある」と話したらすんなり受け入れました。

      >受験対策を始める時期
      これはもう志望校の難易度や月齢(早生まれとか)によりますね…
      倍率2倍以下なら年長春からでも十分な気もしますし、いわゆる「お教室」通いしなくても公文や自宅学習で突破可能なこともあります。
      2倍を超えるならお教室通った方が親の安心にはなるかと。3倍以上はもう「○○小受験コース」とかを受講するレベルだと思います。
      ただ、小学校受験用のお教室で習う事は「入学した後」の学力に直結することばかりなので、受験するしないに係らず「幼児教室のひとつ」として通わせても無駄にならないと思いました。
      2箇所通いましたがどちらも「受験突破は単なる入口なのでその後ついていけるかが重要です」と受験前から言われてました…。

      最後に、
      >夫婦で学校見学をして納得してから決めよう
      これ、これが大事です、何よりこれが1番!
      難易度ではなくて学校の雰囲気、先生の考え方、を感じてお子様と合うかどうかをよく話し合うのが何よりです!
      小学校受験はテストの点より学校の好みが結果に直結するので、親御さんから見てお子さんと学校の相性がどうかしっかり見てきて下さい☆
      *我が家も他の私立小を「合わない」という理由で受験やめた経緯あります

      こ、こんな感じで伝わりますでしょうか…?
      説明下手ですみません!!(汗)

      • anuenue より:

        sunnyさま
        お返事ありがとうございます。
        ご丁寧にとても具体的にアドバイスして頂き参考になりました!
        (ちなみに、、、某引退フィーバーの記事読みました。私も同世代です。そして同感です^^)

        私が悩んでいる受験も超難関校ではなく、家から近い一校だけで何となく良さそうだから一応受験も視野に入れておこうレベルです。
        (きっと倍率も2倍くらいかと…)
        と言いながらも、私自身は密かに学校との相性が良いといいなと期待しています。
        って、受験する気満々ですね(笑)

        説明会(年明けからですよね?)に参加して夫婦で納得してから準備を始めても遅くないのかが一番気になりました。

        ひとりでとっくんなどの教材も必要ですよね。
        今が年中(ちなみに保育園児)なのでお教室選びもしなくては、、、と思いながらも私も仕事をしているので全く進まないのが現状です。
        公文はやっており緩くはありますが毎日自宅学習の習慣は出来ているので年長からのスタートでも可能かしら、、、

        小学受験のお勉強?知識?は例え合格しなかったとしても決して無駄なものではないと思っているので、もし始める場合は子供と楽しく取り組めたらと思ってます。

        また参考にさせて頂きます。
        ありがとうございました。

        • sunny より:

          anuenue様
          いえいえ、所詮1人分しか経験してないので大きなことは言えない立場なのはご承知おき下さい…(笑)

          ひとりでとっくんの取り扱いがある書店は近くにありますか?お教室通いはまだorしないとしてもひとりでとっくんを実際に手にとって眺めてみるとどんな準備が必要かだいぶイメージわきますよ!
          ネット通販でも手に入れられるんですが、手にとってあれこれ見てみるのがオススメです♪

          説明会は首都圏だとほとんどの学校が5月スタートかと思います。
          (たまに3月くらいからの学校もあるようですが)

          説明会はいろんな意味でドキドキの連続でしたが、いま思うと楽しい経験でもありました!
          anuenue様ご一家も来年は楽しい1年になりますように!

          我が家も娘がいま年中児なので一緒の受験になりそうですね★
          同じ境遇の方がいて心強いです!宜しくお願い致します!

          • anuenue より:

            出産同様に1人分でも経験されているのとしないとでは大違いです!
            とても参考になりました。

            ひとりでとっくんは駅ビルの書店に取り扱いがあるのでじっくり見てみます。

            我が家は下に1歳の子がいるのでそちらの面倒も見つつ
            なかなかハードで想像しただけでも喉から心臓が飛び出そうなくらいドキドキしますが、sunnyさんのように楽しい経験と思えるようにできることから始めてみようと思います。

            その前に我が子がすんなりと受け入れるかどうか…ですけど。

            いつもありがとうございます。
            私も心強いです!

          • sunny より:

            anuenue様
            ひとりでとっくんは「え。こんなにあるの?」ってくらいありますので、ぜひ読み比べてみてください♪
            下にお子さんがいらっしゃるとのこと、まさに去年うちは年少児を抱えての受験でしたのでお教室という「外注」を選択しました。
            年少児にもなると騒がしくて、上の子のお勉強時にちょっかいだしてきたので…。

            季節の行事やお花など、家族でお出かけするにも目的が増えると楽しみも増えますよ!
            いつもコメントありがとうございます、嬉しいです♪