小1 電車通学1週間経過、練習で見抜けなかった3つの反省点。

最初の1週間を終えましたね。
息子は小学校だけでなく、学童も全力で楽しんでいる様子で何よりです。

授業もチラホラ始まり、来週からは宿題も開始される予定。
宿題が手厳しいと保護者の間では有名なので、お手柔らかにお願いしたいところですが…。

さて、入学後最初のヤマと思われるのがやはり「電車通学」ですね。
私立国立に通わせてる新入生の保護者さんたちいかがでですか?

うちはまだ試行錯誤真っ最中です。

いざ電車通学が始まって、それまで私が練習を経て想定していたことと「違った!!」と反省した点をまとめておきます。
フツーに考えればわかったようなことばかりで恥ずかしいのですが、こんなおまぬけさんもいるんだよということで。

反省その1.3月1日以降の練習は全くアテにならなかった
反省その2.「降りる駅の階段近くがいい」は誰しも考えることなので混雑してた
反省その3.「登校にちょうどいい時間の電車」も誰しも考えることなので混雑してた

まず1についてはそう、高校卒業式です。
3月1日を過ぎると高校3年生が一斉に乗らなくなるので、乗車率が変わります。
当たり前のことなのに…、卒業式のことは頭には合ったけど「そんなに違わないでしょ」って思ってました。

いやいや、全然違う!!!!!

息子が利用する路線は通勤の方はもちろんですが、やはり沿線に学校が多いので学生率が高いんですよね。
しかも通学時間に利用するのでなおのこと学生率高め。
そんな中で1学年違うとこんなに違う?!ってくらい違くて、電車通学初日にびっくり。

そして2も、考えてみれば当たり前なんですが…。
練習の時はそこまで混雑してなかったので階段付近と考えてしまいました。
降りてから息子が楽かなーっと。
だけど新学期始ってみてその場所に乗ってみたら、まー大変。
ギューギューですよ、ほんと。
結構な人数が降車する駅なので、余計にそのドア付近が大混雑…。

で、同じ理由で3ですね。
みんな「登校時間のちょっと前につく電車」で行きますよね。
毎朝のことですし、朝ゆっくりできるならしたいのが本音ってもんです。
そんなわけで、私が想定していた電車は朝の時間帯で最も込んでる電車だったのでした。
なんてこった…。

というわけで、私が思い描いていた電車通学はことごとく打ちのめされたのでした。

そして先週過ごしながら色々試行錯誤してみた結果として、
改善その1.「登校にちょうどいい電車」より早い電車に乗る
改善その2.「先頭車両の1番前のドア」に乗る
ということにしました。

まず乗る電車の時間。
これ、朝が弱い私には死活問題(笑)なんですけど、こればっかりは譲れない!ということで「登校にちょうどいい電車」より15分ほど早い電車に乗せることにしました。
これだけでもだいぶ混雑具合が違います、いや、それでも混んではいるけど乗る車両さえ選べば小学生目線でも身動きとれないほどではないかな?という感じ。

そしてたまたまでしょうが、息子の乗車駅から降車駅の間は駅の階段が先頭にくることはなくどの駅もみんな車両中盤になります。
なので先頭車両か最後尾車両が(中盤車両より)比較的すいてました。
そして乗車駅の構造上、先頭車両の方が息子が覚えやすいと思いまして。

そんなわけで1と2の合わせ技でなんとか、自力登校に繋げたいと思います。

今週は「乗る電車」「乗る位置」を固定にしたうえで、私がフォローしなくても1人で降りられるかどうかの練習ですね。
先週はあまりの混み具合に手を差し伸べてしまったので…。

少し離れた位置で見守りたいと思います。

電車通学、思ったより親のメンタルが試されますね!!!

スポンサーリンク
レクタングル大