小1 働くお母さん、学童初日おつかれさま。

今日は全国各地で学童初日だったことと思います。
入学式を待ちわびながら春休みを過ごすお友達を羨ましく思いつつ、働く母に春休みなんてありませんからね。
やはりこの「春休み」というのが働く母には鬼門。

昨日はなんだか落ち着きませんでした。
寝るまでソワソワ、布団に入ってもなかなか寝付けず、朝起きてもフワフワしてる感じで。

今日は私も仕事が休みなのですが、入学前のならし保育で少しでも早く慣れて欲しい、お友達できて欲しいと思い今日からお世話になることにしました。

学童へ向かう車中でたくさん話しました。
どんなことして遊ぶのかな?
どんなお友達がいるかな?
どんな先生がいるかな?

息子の雰囲気としては、やはり楽しみ半分、不安半分て感じでしたね。
前日までは淡々としてたけど、やはり朝になってから「おかーさーん、やっぱり少し心配だなぁ」って。

まぁね、わたしがこんだけ不安なんだからね、本人はさらにでしょう。

そんなこんなで、小学校到着。
敷地内学童なので、入学式前だけど小学校内に入れることに少しワクワク。
息子も小学校自体は説明会やら公開行事やら受験やらで何度も来てるので、小学校へ入ることにはなんの戸惑いもなく。

で、いざ受渡し。
簡単にシステムの説明を受けて、お迎えの予定を話して。
もともとテンション低めな子(笑)なので、いつも通りなような、少し不安そうなような、と私の心配をよそに優しい先生に導かれてバイバイ。

もっと後ろ髪ひかれるかと思ったけど「あ、こんなもんか」と娘と近くのショッピングモールで時間を潰すこと数時間。

お迎えで先生との受渡しでも、特に問題なく楽しんでくれていたと思いますとのこと。
帰り道で息子に聞いても「楽しかったよ!」と。
それどころか、「幼稚園の預かり保育よりこっちのが楽しかったなー」ですってさ。

幼稚園とはいえ、春休みとかの長期休暇中の預かり保育は「保育」でしかないのでやはり通常カリキュラムに比べてつまらない、と年中後半あたりからよく言ってたんですよね。
特にお昼寝が嫌だったみたいで。

なので、年上のお兄さんお姉さんとがっつり遊ぶってのが新鮮で楽しかったようです。

新入生もたくさん来てたらしく、これまでは同学年の預かり保育が少なくていつも小さい子とばかり遊んでたので、同い年かそれ以上と遊べることが楽しくて仕方なかった模様。

よかったねー!!!!
杞憂というのはまさにこのことか!!

そんなこんなで、ドキドキハラハラな1日を過ごしたお母さんが多い日だったのではないでしょうか。
みんな、おつかれさま!
子供って思ったより成長してますね!

後ろ髪ひかれながら出勤する身も辛いだけど、その分子供たちも自立してますね!
無事に今日を終えてホッとしてるお母さん、がんばりましょー。

スポンサーリンク
レクタングル大