小1 学童初日前夜、働く母の心境。

ほんと、働く母はしんどいなと痛感する今日この頃。
これまでそんなに強くは感じてこなかったんですけどね、わりと緩めの時短だったし。

だけど今回はじめて、1人目の「卒園~入学」というものを経験して、しかも繁忙期真っただ中という時期に。
「仕事」と「育児」というか、なんかこの、卒園から新入学という子供にとっての晴れ舞台に母である私がバタバタしていて、大事な節目をじっくり味わえていないなっていう寂しさというか自責の念がすごいです。

この卒園式から入学式までの特別な春休みにいつも通り、むしろいつも以上に仕事が忙しくて子供と幼稚園の思い出をかみしめるどころか、預かり保育を最大限に利用する我が家。
息子が通う幼稚園は預かり保育があるので最終日まで利用しましたが、息子の学年までは圧倒的に専業さんが多数派なので最終日までいたのはわずか3人。
しかも午後までいたのは息子1人。

金曜まで幼稚園の預かりで、月曜から早くも学童初日、そう明日。
*息子が通う私立小専用学童なのでアフタースクールとも呼びますけど、わかりにくいので学童で。

もちろん、息子と幼稚園のことや小学校のことでたくさん会話はしてますが、私が専業だったらもっと昼間に一緒にいる時間をもっていろんなことできたのかなぁと思ったりね。

とはいえ。

私が仕事をしているからこそ、私立小に通わせることができるのも現実なのでね。
ないものねだりっていえばそれまでなんですが。

なんだろう、まだ幼稚園ロスをひきずっているのか、明日からの学童生活が楽しみなんだけどそれ以上に何か寂しいです。
ついさっきまで幼稚園関連のものを断捨離してたんでそのせいかな(笑)
この前まで幼稚園の制服や遊び着の一式がかかっていたハンガーラックを整理して、小学校の制服一式をかけました。
ピッカピカの制服を並べたときは「おお!」と浮足立ちましたが、外した幼稚園の制服をたたんでしまっていたらもうほんと寂しくて。

不思議な気持ちですね。
楽しみだけど寂しい。
楽しみだけど心配。

そんなわけで、明日から学童行ってきます!!
がんばれ!息子!