新小1 大学入試と英検、そして「英検落選」問題。

我が家が小学校受験をする際、通学圏内にインターもありましたが志望校とはなりませんでした。
インターも良い学校が多いのは重々承知で、たまたまそのインターが我が家にはピンとこなかっただけです。
だけど、英語に興味がないわけじゃくて、むしろ進学する私立小も英語教育にはかなり力を入れていて。

なので小学生になってからの英語教育をどうしようかなぁ?とはよく悩んでおりました。
ちなみに習い事程度でネイティブばりの会話力をつけようとは到底思ってません。
話せるようになりたいなら留学しなさい派の私。
賛否分かれるとは思いますが、あくまで「科目」として進学に優位になるための英語教育をやらせたいと思ってます。

そんなときに舞いこんできたこのニュース。

大学入試英語成績提供システム、従来の英検は不採用…8種類に決定

英検協会、従来型不採用でも「何ら変わることはない」

ニュースをまとめると、

大学入試センター試験に代わって実施される大学入学共通テストでは、「聞く」「読む」「話す」「書く」という英語4技能を適切に評価する

にもかかわらず、

従来型の英検については、一次試験(「書く」「読む」「聞く」)の合格者のみが二次試験(「話す」)を受検できる仕組みとなっており、一次試験不合格者は二次試験を受検できないことから、「1回の試験で英語4技能すべてを評価するもの」という参加要件を満たしているとはいえないと判断された。

なので、私達が良く知る「英検」は2020年からの大学入試共通テストでは不採用、と。
なるほどね、たしかに。

私達の世代でも「英検なんて何になるの?時代はTOEICでしょ!」という風潮はありましたけどね。
確かに世界で通用する英語って目線だとやはりTOEICスコアって重要ですし。

だけど英検は身近なので受験しやすいというか、「小学生の力試し」目線でいうと英検ありかなって思ってたんです。

だからあわよくば英検採用されればなぁともくろみましたがそうは問屋が卸さないってことっすね。
というか「新型=英検CBT」が気になりますね。
2019年度から実施されるってことなので今年かー。

小学1年生での目標の一つに「英検5級」て考えてたんだけど、もう少し様子見して別の試験を検討した方がいいのかなぁ。

大学受験と英語、難しいねぇ…。

スポンサーリンク
レクタングル大