自分の意見を「みんなそう言ってる」ってタイプは友達いない説。

私がいつも拝読させていただいてる数多くのお受験ブログが軒並み沸騰しております。

そりゃそーだ。

お受験初心者の私ですらプリプリしてしまったもの。

梅宮アンナ「しまむらイジメられる」お受験事情語る(yahooニュース)

タレントの梅宮アンナ(45)が、幼い子どもを名門校に入れようとするママタレントたちのお受験事情について語った。

梅宮は13日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。子どものお受験については自身も10年前に経験したといいうが、「まあすごいんですよ、有名私立校に子どもを受からせようと思ったらいろんなものを持ってなきゃいけない。お金も物も車も。服装は、完全無欠な“お受験服”で毎日行く幼稚園もあれば、普通の格好をしていいところもある。普通でもバーキン持ってます、みたいな。しまむらさんで行ったらちょっとイジメられるかも」と厳しい現実を明かした。

「お母さんたちがそういう世界を作り上げちゃうっていうのかな。すさまじい世界です。やっぱりステータスなんですよね」と梅宮。自身の子どもの時も“スーパーお受験”だったそうだが、現在のお受験事情はさらに「私の時代よりもはるかにヒートアップはしてると思う」と語った。

ですって。

皆さんお気づきと思いますがこれって「私はこう思ってるけど叩かれたくないからみんなそう言ってるって言っておこう」ってやつですよね、どう見ても。

梅宮アンナ「私はしまむら着た人をいじめちゃうかもと思ってる」

梅宮アンナ「私はバーキン持ってるのが普通と思ってる」

梅宮アンナ「私はお受験はステータスと思ってる」

ほら、すごいしっくりきた!!

おそらくこの人自身が娘さんのママ友さんなんかをそう言う目で見てるんだろうなぁと。

「私立小」=「セレブ」=「バーキン」って短絡的というか、「お受験」を想像だけで語るスポーツ新聞とかの記者かな?みたいな。

でもまぁたしかに服も車も持ち物も余裕のある方は少なくはないです。

が、それと合格はイコールではないってのが現実。

これはどこの世界でも同じだと思いますけど、不必要に見せびらかすタイプは避けられますからね…。

うちの幼稚園も小規模ながら「住む世界が違う」ご家庭がチラホラいらっしゃいますけど、感覚は普通ですよ。それなりの方ほど自分を客観的に見られて冷静。

小学校からFの従姉妹はもちろん叔母も「わかりやすいブランド物はちょっとね…」と一目でわかるものを身につけてるのを見たことがない。

なのでこんな的外れなことを「お受験とは」と総論として言い切っちゃうのは勉強不足もいいとこだし、「ほんとはよく知らない」のバレバレだし、娘さんのお受験&学校生活でそれを学ぶ場も教えてくれる人もいなかった(見下してた)んだなぁと。

この人の発言を真に受ける人なんていないと思うけど、庶民なのにお受験チャレンジした私としては「いやいやいやいや!!」と吠えざるを得ない(笑)のでした。

いやほんと、小学校側だってそんな甘くないっすよ。

スポンサーリンク
レクタングル大