5歳&お受験 専業家庭の追い込みに震える兼業母。

ほとんどの幼稚園ですでに夏休み、もしくは間も無く夏休みという時期に来ましたね。

模擬試験の結果に一喜一憂したり、夏期講習スタートなんてブログもちらほら見かけ「勝負の夏!!」「追い込みの夏!!」感がアチコチから熱風となって届いてます。
お教室の先生にも春から何度も言われてること。
「年長さんの夏は伸びます、やればやっただけびっくりするほど伸びます」
年長さんの夏、ともなると子供の成長的にも「努力」が実り始める時期なんでしょうね。
2年保育の幼稚園受験なんかだと、受験生は年少さんなわけで、それはやはり「努力」とは少し違う要素(生活面)が多いですしね。
これが年長さんともなると、ペーパーや巧緻性なんかは「努力」が実り始めるんでしょうね。
要は、それまで「地頭」で先頭に立っていた子達が「努力組」に追い越されるのがこの夏ということらしいです。
あれね、高3の夏から偏差値があがりにくくなるのは部活組が引退して夏期講習で全力投球して猛烈な追い上げに入るから、っていうのと似てる(笑)
そこで小学校受験組は専業家庭の追い込みがこの夏休みで猛烈に追い上げるみたいです。
仕事を持つ身の私としては心当たりありまくりでビビってます。
だって。
もし私が専業だったらこの夏休みつきっきりで、あれやこれやと「今の私にはできないこと」をやってたと思うもの。
息子の幼稚園も夏休みに入りましたが、お盆以外は預かり保育の申請済みです。
せめてもの救いは、実母が「この日とこの日は私が預かる、お教室の宿題も持って来なさい」と受験勉強込みで何日分か引き受けてくれたこと。
これはほんとにほんとに言葉にならないほどありがたかったです。
「夏休み前と後ではだいぶ情勢変わりますよ」というお教室の先生の言葉は、模試の結果という形できっと出るんだろうなぁと思ってます。
専業家庭の追い込みに震えてる理由は「今のところ」わりと成績が順調だからです。
いや、都内屈指の難関校を目指してないから「順調」に見えるだけですけどね(笑)
だけど今年は説明会の様子から察するに倍率が上がりそうなのです。
たぶん、今までの傾向と同じ算段でいると痛い目に合う気がしてます。
元々知り合いで、現在校生の親御さんから聞く「当時の受験事情」が参考になることもあれば「あれ?今年の雰囲気とは違うかも(=過去のが緩い)」と感じる点も多数。
だからこれまでなんとなく「これまで順調」と言われる仕上がりの息子も、この夏休み後になったら「受験生内の相対評価」ではどこに位置付けるかわかったもんじゃないな、と。
特に仕事を持つ身で「夏休みなのに」追い込みらしい追い込みができない私からすると、「夏休みだから」仕上げてくる専業家庭が脅威です。
我が家も夏休み後に志望校模試を予定してるので、そこでどんな結果が出るか…。
そこでなんとか少しでも安心材料が得られるように、仕事をしながらでも息子のフォローをしたいなと思います。
お盆は全力で遊ぶけどね!!