5歳&お受験 夫「受験終わったら 栄光への架橋 歌いにいこうぜ」

たまに「は?(真顔)」とせざるを得ないことを言うのがうちの夫。

たまに、というかしょっちゅうというかなんというかね。
この前、本屋さんに用があったので子供を寝かしつけてから遅くまで開いてる本屋さんへ行こうとしたのです。
そしたら「ついでに秦基博のベスト借りてきてよ」と。
そんなわけで本屋ついでに某レンタルチェーン店へ。
ランキング1位なんですね、秦さん。
そして2位にあったのが、ゆずベスト。
ゆず、特別大好きってわけじゃないけど年代的(アラフォー)によく耳にしてきたので「夏色とか懐かしー」とついでにこちらも軽い気持ちでカートイン(笑)
で、SDカードに落としてお教室に向かう車の中で夏色熱唱()してたんですが、その次の曲が「栄光への架橋」なんですね。
そう、あれですよ、「いくーつもーのーー!!」ってやつ。
そして何かのテレビを見ていた時にこの曲が流れて「あーこれベストに入ってたわー」って言ったらすかさず夫が「○○(息子)の受験終わったら2人でこれ熱唱しよーぜ」と。
「何言ってるんだこいつは」と同時に笑っちゃったよね(笑)
でもって本日、また別のお教室への車中で懲りずにゆず熱唱してた私。
夫のくだらない思いつきに思い出し笑いしそうになりつつ、うろ覚えの歌詞を思い出しながら聞いてると…。
「なにこれ。泣ける。」
夫のせいで、去年から頑張ってきたお受験のことあれこれがフラッシュバックして、もうあと数ヶ月で泣いても笑っても結果が出て、これまで悩んできたあんなことやこんなことがウワーっと出てきて。
うっかり泣いちゃったじゃない!!(恥)
いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある
だからもう迷わずに進めばいい
栄光の架橋へと


とか

悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある
さあ行こう 振り返らず走り出せばいい
希望に満ちた空へ…

もう、泣かせにきてますね、ほんとにね。
歌詞だけ見たらそれほどでも、かもしれませんが小学校受験のラストスパートに突入してるお母さんにはぜひ聞いて欲しい。
そして泣いて欲しい(笑)
いやーもうちょっと、あとちょっと。
もう少し頑張れば…きっと!!!
夏期講習になにを取るとか、志望校模試の結果がどうとか、夏休みを目の前に私立組は時間と予算に急き立てられてる時期だと思いますが、みなさま頑張りましょう(涙)