5歳&お受験 「婦人・面接服在中 取扱いに注意して下さい」ですと。

少し前に伊勢丹で購入した私のお受験スーツ。

一応お受験コーナーの店員さんが裾とか丈とかキチンと確認してくれて、少しだけお直しすることになってまして。
それが先日届きました。
ただ単にワンピースとジャケットのアンサンブルだったので、何も考えずに指定時間通りに鳴った「ピンポーン」に呼ばれ玄関のドアを開けるとそこには…。

ヤマトのお兄さんと同じくらい大きな箱が(笑)
「え。これほんとにうちのですか?」って聞いちゃったよ!!
そういえば「ハンガー便になりますので…」というセリフは聞いたような気はする…。
そんなわけで開封したら、一切の折り目をつけずまさに「ハンガーに吊るされたままの状態」で入ってました。
おぉ…。
少し話はそれますが。
以前、まだ南青山にクロエの路面店があったころコートを買ったことがあるんです。
その時はサイズぴったりだったので買ってそのまま持ち帰ろうとしたら、
「商品の最終チェックと、全てのボタンをつけ直してからのお渡しになりますので」
と言われて「そういうお店」に慣れてない私は「あ、はい」と呆気にとられたことがありました(笑)
で、話を元に戻しますが。
その時のクロエのコートですら後日送られてきた時にこんな梱包されてませんでしたよ!
このお受験スーツより奮発したコートだったけど!(もう買えない)
いやはやほんと驚き。
そして中を開けるとそこには、

あ、ありがとうございます…。
うちは難関校でもないのになんかすいません…。
でもなんかこう、「頑張って下さい!」って気持ちがこもってるような気がしてちょっと嬉しかったりもします。
買いに行った日もね、「小学校受験で使用するので」と伝えるとほんとどの売り場の方も親身に相談乗ってくれまして。
試験の時期や校風はもちろん、キリスト教系かとか共学かとかスクールカラーがあるかとかでそれぞれのケースを教えてくれたり。
息子の本番服を選ぶにも的確なアドバイスいただいてほんとに助かりました。
とりあえず「何事も形から入るタイプ」の私ですが、「形」の部分はだいぶ揃ってまいりました。
あとは中身、そう中身…(震)

スポンサーリンク
レクタングル大