5歳&お受験 面接練習「けんかしたらどんな気持ちになりますか?」

わりと面接を楽しんでいるサニー親子であります。
昨日は寝室で、寝かしつけの前に布団でゴロゴロしながらクイズみたいにやっております。

まずは、今の息子に設問を投げかけてどんな回答をするのか「素直な本音」を聞き出したいなと思い、息子がリラックスできる環境で一通りの設問を投げかけてみてます。

そして昨日。
何故か判らないけど夫も寝室についてきて(笑)
娘の寝かしつけに参加したかったのか、面接練習の様子を見てみたかったのかは不明。

前日と違う問題を選んだり、あえて名前や生年月日は同じ問題を出してみたり。
その中の一コマがこちら。

私「きょうだいとけんかすることはありますか?」
息「あります!」
私「そのときどんな気持ちになりますか?」

息「痛いです!!」

私も夫も爆笑ですよね。
「兄妹げんか=負ける=痛い」ってことかー!!
悔しいとかむかつく、とかじゃなくて「痛い」っていうのがものすごくうちの子っぽい…。

そして最後に、
私「けんかしたあとどうしますか?」

息「お母さんに言いつけます!」

だって(笑)
いやはや、ものすごーくうちの子っぽいです。
どんなにやられても妹に反撃はしないんですよね、だけど「おかーさーん!妹ちゃんがおもちゃ投げてきたー!」って言いつけてくる。
あるある…。

まぁ、息子の名誉のためには「助けを求めてきた」と言うべきか。

あとは、
「いえにかえったら何をしますか?」に対して、
「ゆーちゅーぶでぷにぷにの動画を見ます!」って胸張って言ってたな…。
これはいかん…。

こういう、真実だけど面接では×な回答をもっとたくさん洗い出していこうと思います。
そして子供の生活を見直すことにつなげなくては。
子供に模範解答を教えるんじゃなくて、子供が自然とその答えを言うように生活を見直すいい機会なんですよね。

こう考えるとほんと、小学校受験ってよくできてるなぁとしみじみ。
合格不合格とは別に、受験対策ってやってよかったなと思う今日この頃です。

お教室の先生曰く、言葉使いとか面接の応答の細かい指導は直前で問題ないそうなので、しばらくは面接で出される問題に対する「息子の本音」を大事にしようと思います。

あと親の面接設問集でよくある、
「最近お子様のどんなことを褒めましたか?」
ってやつ。

我が家なりの自然な回答ってなんだろうなーって考えたけど、あまり思いつかなくて。
なんかこう、面接意識したようなことばかり思い浮かんじゃうんですよね。

だからスマホのメモアプリに褒めたことを記録してみようと思います。
ちなみに今朝記録した最初の「褒めたこと」は、

「ブロックで作った機関車が、白いブロックを使って蒸気の様子まで作れていてとても上手だった」
です(笑)
さすが電車大好きっ子。

コメント

  1. anuenue より:

    sunnyさま

    こんにちは。
    小学受験に向けて緩く始めています。

    以前教えて頂いた面接本を購入しました。
    ぱらぱら~と目を通したので、娘にお風呂の中で「インタビューします」と遊びながら面接ごっこしてます。
    そして、私も「どんなことを誉めますか?」で、詰まってました。
    sunnyさんのブログを読み返したら同じ内容があってタイムリーだったので
    思わずコメントしてしまいました。

    毎朝、娘には「早く食べて!(ムキー!)」の繰り返しなのと、つい下の子と比べて「そのくらいできるでしょ」的な言動が増えてたのでハッとさせられました。
    私もその都度メモっておく習慣をつけておかないとです。

    本当に面接は生活を見直すいい機会ですね。

    • sunny より:

      anuenue様
      コメントありがとうございます!!
      小学校受験の面接、本当に小手先が通用しない(笑)のと同時に普段ついつい忙しさを理由に手を抜いているところをグサグサ突き刺してくれますよね…。
      おそらく、受験をしなかったら見直すことなくそのまま大事なところを放っておいたと思いますワタシ。

      でも、子供の珍回答はなかなかおもしろかったです!!
      ついつい「こうだろうなぁ」と親目線で想像してしまうことではなく、子供の意外な一面も見れますよね♪
      いま振り返っても、我が家にとって受験は色々考えさせられる良い経験でした!

  2. anuenue より:

    sunny様
    お返事ありがとうございます。

    先週末、お教室の体験授業を受けて来月からいよいよスタートします。
    年間スケジュールを見ると1年てあっという間ですね。
    来年の今頃を思うと…恐ろしいです!

    幸いにも「何故通うのか?」「何故やらなきゃいけないのか?」などの質問はなく
    楽しかったようなのでスムーズにいけそうです。
    ひとまず第一関門突破しました。

    そして我が家も同じく単願受験です。難関校でもありません。
    そこがダメなら公立ですけど、思えば思うほどやればやるほど、、、入りたい!
    なんて気持ちが沸々と(笑)
    実母から「親も大変ね~」なんて言われる始末です。

    私も良い経験だったと早く言いたいです!!!!!(笑)

    • sunny より:

      anuenue様
      コメントありがとうございます!
      いよいよお教室通いスタートとのこと…!
      我が家も11月より2個目のお教室がスタートです、一緒に頑張りましょう♪

      私も最初は「だめならだめでー」と考えてましたが、子供は「先生」という存在のおかげでわりとグングン伸びます。
      すると「子供がこんなに頑張ったんだから…!」とつい「合格」に欲が出ます(笑)

      この後は「苦手克服できな病」「お教室行きたくない病」など色々発症するかもしれませんが、どれも全て一過性です!
      子供なんてブレがあって当たり前なので、気にせず「この1年だけ!」と割り切って突き進みましょう♪

  3. 匿名 より:

    sunny様
    お返事ありがとうございます。

    「合格」の欲が出ちゃいますね。
    いかに冷静でいられるかが課題となりそうです。

    講習会について受講するべきなの?と思い拝見しましたら、きっちり受講されてるんですね。ひぇー!です。
    まだ始まってないので検討がつきませんでしたが、やはり、そういうものなんですね。
    見える出費と見えない出費の件も、、、

    ですが、それも全て「この1年だけ!」ですね。
    的確なアドバイス本当にありがとうございます。
    心強いです!

    • sunny より:

      anuenue様
      小学校受験は親から見たら代理受験なので、自分が資格試験を受けるときのような「手ごたえ」はありません。
      恐ろしいことに、直前になっても全くと言っていいほど「ない」です。
      なので湯水のように費用を費やそうと思えば底なし沼です…。

      我が家は難関でもなかったので、レギュラー授業と試験直前にコマ数を少し増やした程度です。
      通ってたお教室の先生も「夏期講習は親御さんが安心する為に受講するようなものですから(だからどっちでもいいよ)」的なスタンスでした(笑)
      難関校ではこうはいかないでしょうが…。
      *ブログの「目に見える出費」の記事は一般的にかかる項目を挙げてます

      頭が煮詰まったときはお子さんと公園行って「季節の花(虫)探し」するといいですよ♪
      子供も喜ぶし、一石二鳥です(笑)

  4. anuenue より:

    sunny様
    なるほど、、、親の手ごたえは「ない」んですね。
    確かに自分じゃないですもんね。

    よく自分の背丈ほどのプリントをやるというのを目にしますが実際お子さまもやられましたか?
    お教室の先生が我が家の志望校(過去2倍くらいのゆったり校)は最近難しくなってるとおっしゃるので、私かなり焦ってまして、、、
    主人に踊らされ過ぎと笑われ、今からそんなにガチガチだと1年もたないと呆れられてます。
    主人の緩さを見習わなきゃと思いつつ1年しかないと気合いが入り一人で煮詰まってました。

    • sunny より:

      anuenue様
      うちも2倍前後、高くても3倍には届かない程度ですが背丈どころかペットボトル程度でしたよ(笑)
      よく、試験での学校側の目線として「難関校は受かる子を選ぶ、ゆったり校は落とす子を選ぶ」と聞きます。
      なので難関校では「他の子より抜きんでる」必要がありますが、ゆったり校なら「落ちる要素を省く」ので十分じゃないかなと。

      なんて、偉そうに書いてますがうちの娘も受かるかどうか心配なラインですのでanuenue様の気持ちもとてもよくわかります…。
      うちも私が情報収集係で夫はのんびり派なので、おそらくどこのご家庭も同じような感じだと思います!!
      来春に説明会が始まれば、同じ受験生の様子も見られて雰囲気もつかめるので少し安心できると思いますよ♪

  5. anuenue より:

    sunny様
    いつもお返事ありがとうございます!

    娘に詰め込んで無理させてまでやらせるつもりは毛頭なかったので
    ペットボトル程度と聞いてほっとしました^^
    私が想像している小学校受験は難関校に限っての話しなのかもしれないですね。

    先生から今年は同じ学校を受ける子が多いと伺って(情報が駄々洩れなんですけど、そういうものなんでしょうか?笑)ライバルになるのかと思うと私が一人でピリピリしちゃってます。

    早くどんな雰囲気なのか感じたいですけど、隣の芝生が青く見えてしまいそうで怖いです。

    • sunny より:

      anuenue様

      小学校受験は本当に学校によって差がありますよね。
      あまり好きな言葉ではないですが「空気」の違いも大きいです。
      同じ倍率でも本当に色々あるというか。

      ただ、難関校ではないけど最近人気な学校というのは説明会などで先生たちの対応がすこぶる親切な学校が多いです。
      息子が通う学校もそうでした。
      試験に関する心配や不安も個別相談で親身に聞いてくれることが多いので、ぜひ来春の説明会を楽しみにしましょう!

      • anuenue より:

        sunny様

        いざ受験を意識して取り組んでいると娘がモノを知らないことに気付かされました。
        「こけし」の絵を見ても答えられなかったり、しりとりで私が「ストーブ」と言うと
        「それ何?」と聞かれたり。
        こちらが知ってて当然のものを教えてあげることからのスタートです。
        本当にこんな状態で大丈夫なのか不安です。

        学校説明会の際に個別相談会と記載されているのを見て、直接先生に個別で相談できるの?!と、とても衝撃的でした。
        皆さん実際にどんなことを相談されているのか疑問に思っているところでした。

        • sunny より:

          anuenue様
          みんなそこからのスタートですし、だからこそのお教室通いです!
          小学校受験準備は年中秋からやったほうがいい、とよく言いますがそれはそこから始めないと試験前に春夏秋冬を一巡できないというのもあります。
          きっと入塾されたらさっそく秋のお花や昆虫、行事などのインプットがあると思います。
          こどもにとっては何もかも初めてなので「覚える」というのにもコツをつかむまで時間がかかるように思います。

          もし心配なら、くもんのひらがな積み木やこぐま会のカードなどを購入するのもありかと。
          ただそんなに心配いらないです、お教室の先生はプロですので親より上手にほめて伸ばしてくれるはず!