5歳&お受験 面接対策はクイズ感覚ではじめてみる。

右も左も分からない、第一子の小学校受験。
先週、今週で通ってる両方のお教室から面接対策資料を渡されました。
どちらも受験されてる方はあまり被ってなさそうなので、それぞれの設問例や受験された方からのインタビュー的なものが少し異なっていました。
これは複数のお教室に通わせてる、ならではですね。
とりあえず、今日軽くやってみました。
椅子に座って背筋を伸ばして、的な要素は皆無でとにかく息子がリラックスした状態で設問に対する「息子の本音はどうなんだ?」を探るのが目的というか。
なにせ「仕上がり過ぎてない子供らしい子供」を求める学校ですからね…。
まぁ校風もおおらかというか、規律よりも自主性的なところがあってそこに惹かれたわけなんですけどもね。
話を戻して。
リビングで「これからクイズ大会しまーす!」と号令かけたら息子、大乗り気。
「あなたのお名前なんですか?」とか読み方も面接風ではなくクイズっぽく。
「○○(息子)くんが正解を作ってください!」的な感じで答えに関しては「なるほど!そうなんだ!」とか「へーそれいいねぇ」とか、インタビュアーに徹してみました。
結構面白いですね(笑)
「幼稚園のお友達のお名前教えてください」とか「家に帰ったら何をしますか」とか「お母さんの作るご飯で何が1番好きですか?」とか、わりと一問一問息子といちいち盛り上がってました。
ペーパーよりもなんとなく面接の方が敷居が高い気がしてましたが、わりと楽しくやれそうです。
試験がもっと近づいてきたら、多少は言葉遣いとか修正するかもですが、しばらくは設問に対する「息子の素直な回答」をたくさん引き出してみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大