5歳&お受験 子供の受験対策、私1人では到底無理。

今年の3月は仕事の負担がこれまでと比にならない量で、子供産んでから2時で退社してた時短勤務も難しくなりました。

幸い、娘も入園済みなので平日の子供の預け先には困らないものの延長保育代は倍増です。
それだけならず、今年は息子の受験。
もちろん志望校は働く母親も歓迎する学校、専用学童もすこぶる評判がいいので私が仕事を待つ身なことはデメリットではないはず。
だけどやはり、習い事が厳しいです。
私の仕事がどうしても外せないときは実母だけならず、夫が早上がりしてお教室に連れてってくれることもありほんと助かってます。
休ませても振替スケジュール組むのがまた大変ですからね…。
おかげで夫も息子の習い事送迎に自信をつけてくれ、これがなにより心強い。
子供の習い事の話題も一緒に同じ目線で話せるのがすごく心強い。
スイミングはともかく、受験用のお教室は最後にマザーリングがあってその日の内容や今後の予定とか毎回お話があります。
その情報を共有できると助かるんですよね。
息子は何が得意で何が苦手で、お教室の先生はどんな人で、どんなお友達と、どんなお教室で授業を受けてるのか実際に参加してもらえて良かったと思います。
もちろん、実母に対しても同じで息子が今どういう状況でどう対策してるのか、母親である私1人だけでなく同じ情報を共有して同じ目線で習い事の話を相談できるのが働く母親としてはありがたい。
来月から説明会が始まるし、受験用お教室に関しては夫と先生で気さくに話ができる環境って大事だなと思います。
説明会前や説明会後の相談とか、こんな感じだったとか。
実際、最初の説明会は私は仕事で参加できないので夫が見て聞いてきた情報を先生と一緒に共有したい。
ほんと、仕事しながらだとお受験準備を母親1人で踏ん張るのは限界あるなと痛感しました。
仕事で実家に預けるとき、実母がお教室の宿題進めてくれてたりとかほんと助かることこの上ない…。
実母も姪っ子(私の従姉妹)がFにご縁をいただくまでの苦労を見てきてるので、我が家の志望校対策くらいなら想定内もいいとこなのかもですが。
わりとあれこれやることが多くて、乗り切れるのかやりきれるのかプレッシャーだったんですが、周囲の協力のおかげでなんとかやりぬけそうな気がしてきました。
何でもかんでも1人でやらなきゃ!と気負っちゃダメですね。
特に夫にはほんと感謝。
受験は二人三脚でやっていきたいなと思いました。
スポンサーリンク
レクタングル大