5歳&お受験 担当講師の第1印象△な新お教室、息子の感想は…。

入塾面談してくれた塾長先生は問題なかったものの、受講開始日にお会いした担当講師の方の第1印象が正直イマイチだったんですよね。
それについてはコチラ

息子を引き渡して初めての授業が終わるまでの間、悶々と悩んでおりました。
夫ともやりとりしつつ、
「数回通わせてみて、息子が嫌がったら迷わず退会しよう」
というとこまで話は済んでました(笑)

そしていざ初授業終了、お迎えの時間に。
こちらのお教室も当然マザーリングがあります。

「今日は○○をやりました」
「○○は難なくできました」
「○○は少し苦手だったようですね」
「でもこう指導したらすぐ改善されて問題ありません」
「家庭では○○のようにご指導してみてください」
「土台はきっちりできてるので受験が楽しみです」
などなど。

おっと。
第1印象が悪かったせいか、マザーリングでの対応は何だかよく感じました。
にこやかだし、説明も丁寧だし、「あーうちの子そうだなー」という所をよく見抜いてくれてました。

いやいやだけどね。
第1印象が悪かったのってその先生が「子供を指導している最中」の様子がちょっとなぁ…だったのです。
だから親の前の様子だけ鵜呑みにしてはいけないなと思いまして。

帰り道、お風呂の中、いろんな時に新しいお教室の子と色々聞いてみました。
「楽しかった?」
「先生優しかった?」
「わかりやすかった?」
とか手を変え品を変え。

すると。
どの質問もすごいキラキラした感じで聞いてる私が「あぁ楽しかったんだな」と感じる回答。
ちょっと意外。

授業の内容はもちろん、一番心配していたのが先生との相性だったので「こっちのお教室はずっと○○先生が教えてくれるんだって。仲良くできそう?」と聞くと「うん!!優しかったよ!」とニッコリ。

あれまぁ。
良い意味で予想を翻されました。

夫もちょっと心配していたみたいで、夫からもちょいちょい新しいお教室の話を聞いてたらしいですが「なんかすごい楽しそうに話してたよ」とのこと。
ふむふむ。
なんだ、良かったよー!!

私がお教室で待機中に先生の態度(「なんでできないの?」的な空気)に不安を感じてしまったこのⅠッ件ですが、夫婦の結論としては「ほんとにびっくりするくらいできない子だったのかもしれない…」ということでとりあえず落ち着く事にしました(笑)

まぁね、まだ1回目ですし。
4月5月と通ってみて、息子の様子をうかがいながらまた考えようと思います。
とりあえず今は息子が楽しんでいるようなので継続してみます!