5歳&お受験 「試験会場慣れ」としての算数検定受験を検討中。

「うちの子、かれこれ2年英語やらせてるけどどれくらい力をつけたんだろう?」
という疑問のアウトプットとして「英検Jr.(児童英検)いいじゃん!」となり、ちょっと英検トピックスに浮ついてる私。

次なる獲物(?)を見つけてしましましたよ…!
それはずばり「算数検定」
*正式には実用数学技能検定(公式HP)

数学検定ってのは聞いたことあったけど、それの算数版があったんですねー。
言われてみれば、あるのが当然かって感じですけども。
これも幼児(未就学時)向けの級がありまして。
それは「かず・かたち検定」というもの。

この「かず・かたち検定」のいいところは自宅受験ができること。
なので親が横で問題を読んであげるのでも構わないんです。
ただその問題が易しすぎる感が…。

小学校受験対策をしていると、「あーこういう感じかぁ」と過去にやってきたなぁという問題ではあります。
ただ、それをもうすぐ年長になる息子にやらせるにはちょっとなぁと。

そうです、私がこの算数検定に気が付くのが遅すぎたのです!

個人受験だと、4月7月10月の年3回。
今日時点で4月分は〆切り済み(当り前)
次回は7月。

この「かず・かたち検定」は「年長の7月に受験させるにはちょっと物足りない」というのが本音。

とすると次は「算数検定11級」になります。
ただしこれは自宅受験ができないので、会場での受験になります。

だけど思った。
年長の7月だったら「受験本番での試験慣れ」対策として会場受験させるのアリじゃない?と。
名前を書く所までは親がやってあげられるそうで、試験直前に親は退室するそうです。

それってむしろ度胸試しにちょうどよさげじゃないのー。

何せですね、我が家の息子は恥ずかしがり屋のチキンボーイ…。
自宅やお教室では実力が出せても、入試本番でいつも通りできるかが心配でならないのです。

いや、模試という選択肢もありますけどもね。
倍率2倍前後の小学校受験に模試まで受けさせる必要あるかなぁ?と思ってたりもします。
なんとなくですが、模試は難関校の方が受けてて平均点がすごく高そうな気がして…。

そんなわけで、7月の算数検定で11級を受けてみようか検討してます。
とりあえず11級の過去問買ってみようかな。

実際の問題で解けそうなら前向きに検討してみる!!