5歳&3歳 兄の不得意が妹の得意だったり、性格真逆な2人育児。

これまでの育児全般を見ると、兄である息子はだいぶ手のかからない子だったんだなぁとしみじみ。

いや、息子一人の時は色々な場面で「大変だなぁ」と感じていました。

だけど妹である娘が生まれ、性格が真逆なもので…。

兄は良く言えばおとなしくて聞き分けがいい、悪く言えば引っ込み思案で怖がり。

妹は良く言えば積極的で社交性抜群、悪く言えば我が強くて遠慮を知らない。

一般的な「いい子」はどちらかというと兄の方ですね。

親目線で「手がかからない」「周囲に迷惑をかけない」タイプ。

妹はまー自由奔放というか、自分で「こう!」と思ったら譲りません。

時に騒いだり周囲に迷惑をかけることもあるので親はヒヤヒヤなんですが、すこぶる愛嬌があるので幼稚園とかで上級生に可愛がられるタイプ。

そんな2人なので兄妹げんかはおおむね妹の勝利…。

娘を育てて初めて息子がいかに手がかからなかったかを痛感(笑)

なんですけども。

やはり娘には娘の長所ってのがあって。

2人目なせいか、息子に比べていろんな事の吸収がすごい早いなと思います。

世間一般と比べてじゃないですよ、息子と比べてです。

なので世間では「そんなのフツーよ」と感じるかもしれませんが。

例えば息子は絵を描くことがあまり得意ではありませんでした。

今でこそ年齢相応な絵を描けるようになり、本人もだいぶ自信がついてきたようで楽しそうに絵を書いてますが娘と同じ頃の月齢ではまだまだ絵と言うより抽象画…。

それが3歳なりたての娘はもうここまで描けるようになってます。

うーん。

息子が3歳0ヶ月のころだったら丸を書くのが精いっぱいで、「誰が見てもアンパンマン」レベルには程遠かったんですよねぇ。

親バカ補正が効いてやっと「アンパンマン…なのでしょう…」といった感じ。
なので、今朝「これねー、アンパンマンかいてるのー」とサラサラ〜っとこれを描いた娘を見て驚愕。
「え、いやそれすごいじゃん」
と速攻で夫にLINE(親バカ)
ついつい、我が強すぎて兄に無理難題を強いてる娘には叱る場面も多くなりがちです。
そんな叱ってばかりの場面がこの絵を見て頭をよぎり胸が痛くなった。
この子にはこの子のいいとこがあるんだなー。
いまだイヤイヤ期というか、もうすでにこの子の性格としてのワガママなのか、兄との距離感が不器用で親としては集団生活でやっていけるのか心配ばかりの日々ですが、娘なりの成長というか長所の芽が出始めてるんだなと考えさせられました。