5歳&2歳 卒園アルバムは保護者が作るものと知った時の衝撃。

お恥ずかしながら、第1子である息子が幼稚園に入園して最初の3学期にママ友の会話で初めて知りました。

年長さんのママさん達が「アルバム班どう?」みたいな会話をしていて「アルバムのとは?」となりまして。
聞いた後は「アルバムって自分たちで作るの?!え?!まじで?!」とそれはそれはびっくりしたものでした…。
うちの幼稚園は元々園行事における母親の協力割合が多いので、「あぁでもこの幼稚園ならありそう」と変な納得もしたんですけどね(笑)
だけど幼稚園保育園の卒園アルバムを保護者(母親たち)が作るのってわりとあるあるなんですね。
これまた世間知らずでお恥ずかしい…。
子供の写真が平等になるように写真写りの数を数えたり、表紙の絵を子供たちに書かせたり、先生たちの似顔絵やメッセージを書かせたり、それらをまとめて製本したり、しかも生徒数以外に先生たちや謎の関係者さんたちの分まで…。
年長さんになると役員さんだけでなく色々班わけするそうですが、
「アルバム班だけは勧めない」
と先輩ママさんには言われました(笑)
アルバムや写真選びに思い入れのあるママさんとかじゃないとほんと大変なんだそうで。
たしかに、なんかすごいいろんな意味でめんどくさそう…。
でも班わけってやりたい!とかやりたくない!とか言える空気じゃなさそうなんだけどその辺どうなんだろう。
天に運を任せるしかないのか…。
小学校以上ならともかく、幼稚園保育園だと学年あたりの人数が少ないので業者に頼むとすごく割高で高価になってしまうんだそうですね。
あと園としてもアルバムはクレームを呼びやすいのであまり積極的にやりたがらないとか。
そんなこんなでお母さんたちが卒園アルバムを手作りするのはめずらしくないんだそうで。
いやはや大変だなー。
仕事持つ身としては、多少高くてもいいから業者に任せちゃいたいのが本音ですけどね…。
アルバム作成となったら何度も何度も集まってやる必要あるだろうし、もし当たってしまったら厳しいなぁ。
いや、当たったら当たったで全力でやりますけどね。
幼稚園ってほんと、親の負担がチリツモですね…。