2歳11ヵ月 育児は「うちの子にはまだできない」を受け入れるのも大事。

ちょっと意識の高そうなタイトルにしてみた。
私が思う「意識高そう」なので本当に意識の高い人からしたらそうでもないかも(笑)

今月に誕生日を控えた娘、2歳11ヵ月です。
いよいよ3歳目前。
お誕生日が楽しみで仕方ない今日この頃です。

一方、あと1ヵ月半で年少さんに進級です。
そこであの問題が懸念されてます、そうトイトレ。

いやー、結論から言うともうこの春には間に合わなそう!!!

すでに上の子のトイトレを済ませてる経験からいって、今の娘はまだ「トイトレやる気スイッチ」が全く入ってないです。
「なにそのスイッチ?」って思われるかもしれないけど、上の子の時はある日を境に突然スイッチが入ったのをすごく覚えてるんです。

息子の場合は「3歳の誕生日」がトリガーだったように思います。
かといって誕生日からいきなりトイトレが進んだかというとそうではなく、誕生日をお祝いしてから「ぼくはもう3歳だから!」と着替えやお手伝いや色々やる気になり始めたんですね。

その一環で、誕生日から何日かたってから、急に自分から事前にトイレを教えるようになりました。
そこからはもう一気に加速して、その流れのまま日中はオムツがとれてしまった。

いまの娘は「スイッチが入る前の息子」そのものなんです。
「トイレ」に対する興味がまだそれほどでないし、「トイレでできるとかっこいい」と認識してないし、何よりたぶん「なんでトイレでしなきゃいけないの?」ってレベルかと…。

私が家でトイレに連れて行って「またトイレでしようね」とか話しかけるとその時は元気に「うん!」と答えるけどなんとなくまだしっくりきてない。
たまに娘から「トイレいくのー」と教えることもあるけどそれはまだ「きまぐれ」の範疇でしかない気がします。

先日、同じく2月3月生まれの同月齢のママさん二人と話す機会がありましてね、トイトレや言葉のことであれこれ相談しあってたんです。
やはりみんな「トイトレスイッチが全く入ってない」と嘆いてました。
それと同時に「スイッチ入ってないからまだ私も消極的」という意見多数、まぁ真冬ってのもありますけどね。

このとき話したママさんは私含め、3人とも第2子だったんです。
なのでみんなして嘆いてはいるけど、悲観的じゃないんですよね。
口をそろえて「まだうちの子のタイミングじゃないのよね」と待ちの姿勢。

トイトレだけじゃなく、言葉も同じような3人組なんですがそれに関しても同じ。
言葉に関しては同じクラスで同じ月齢でものすごいペラペラしゃべる子もいるので、比べると唖然とする差が生まれているんですがそれに関しても「○○ちゃんはほんとすごいよねぇ!!!」としゃべれる子をほめたたえるだけで「うちの子はまだまだ遠い未来だわー(笑)」とこれまた待ちの姿勢。

何もかも早い家庭からしたら傷のなめあいに見えるのかもしれないけど(笑)、「うちの子はまだできない」って受け入れて子供の成長が追いつくのを待つ姿勢ってすごく大事なことだなぁと思いました。
「周りの子はできる。だけどうちの子にはまだできない。そういう時期だから。」と受け入れてしまえば「なんでできないの?!」という気持ちになりにくいっていうね。
トイトレや言葉もそうだけど、運動神経とか手先の器用さとかいろんなこと含め。

ついつい比較して焦ってしまいがちなんですよね、私もそうなんですよ。
焦りがちなんだけどあえて「いや、まだうちの子のタイミングじゃないんだ」と待つ意識にするようにしてます。
というのも、1人目の時にさんざん焦って、ほかのママさんたちからもらったアドバイスの受け売りですけどもね!

いま息子の受験勉強を見てても、同じクラスの子に比べてやはり得意不得意があります。
得意をのばして不得意を底上げするのってほんと難しい。
だけど親がガミガミ言って改善されるものとそうでないものがあるわけで。

とはいえついついガミガミ言っちゃうのが私なわけで(笑)

そんなわけで、今回似た月齢のママさんたちとお話しできてよかったなと思いました。

ということで、我が家のトイトレは特に進捗なしです!!
新学期にオムツを持参する覚悟だけはしっかりできました(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大