5歳&お受験 もはや「季節のお花」問題は私より息子の方が詳しい…(哀)

今週は受験用のお教室が2回、ということで自宅学習もなんとなく気ぜわしいというか、いつものペースでいいんだろうけどなんとなくいつもより多めにやった方がいいのかな?なんて思っていた私。
かといって、いつもと違うペースを強いるのもなんだかなぁと思っていたら「今週は塾が2回もあるからね!いっぱい宿題やらないとね!」とキラキラした笑顔で言う息子。

ま、まぶしい…。
この子は本当に私の子なんだろうか。
いや、めっちゃ痛い思いして産んだけども(笑)

そんなこんなで昨日は宿題のプリントやら自習用のテキストをやってたんです。
そしたらプリントの中身が「季節のお花」問題。
まぁ、季節の問題はお花に限らず必ず宿題に入ってるんですけども。

問題文は「左のお花と同じ季節のお花を2つ○つけましょう」というよくある問題。
宿題やるときは必ず私が横にいるんですけど「2つ○を」とあっても、ひとつひとつお花の名前を言わせて、その季節が何かも言わせてから○をつけさせてるんですね。

なんだけど!
息子が解いてるその先の問題にどーしても思い浮かばない花が…。
小学校受験のペーパーって基本、白黒イラストじゃないですか。
ただでさえ写真よりわかりにくいのに、そもそも私がお花の名前に疎いというアレ。

私「(なんだこの花は…、え、ほんとに何の花だ…?)」
なんてお恥ずかしくも焦りつつ「あれ?この花、えーっと?」とか思ってたら、ついに息子がその問題に到着。

でもわからないものはわからないので、
「ごめん、お母さんこのお花の名前がわからないやー」と言ったら「そういうときは図鑑で調べればいいんだよ!」とまたまたキラキラ解答。
そうっすね、そうっすよね!!!ということで「季節の図鑑」をペラペラ…。

だけどあれね、全く見当が付かない花の名前を調べるのって難しいですね。
仕方ないので春から順に花のページを見ていたんだけどなかなかみつからず。

そしたらおもむろに、
「お母さん、これコスモスだよ」と。

「そうだ!コスモス!そうそう!コスモスよこれ!ね!コスモス!」と謎が解けたスッキリ感で大興奮の私。
その横で淡々と問題を解く5歳児の息子…。

おはずかしや…。

お花の問題、難しい…。
この先大丈夫なんだろうか(たぶんダメ)