5歳 習い事の向き不向きはほんとに難しい。

この前のスイミングでママ友とお話ししててそんな会話に。

幼稚園にはいると切っても切れない話題ですからね、習い事。
年長進級まで目前となった年中児の息子ですが、ここまでくると向いてる向いてないが親の目から見てもはっきりわかります。
まず向いてるもの。
いま通ってる受験用のお教室。
少人数で先生1人に子供2人、先生はおだやかで褒めて伸ばしてくれるタイプ。
内容もコツコツじっくり淡々と机に向かって集中するもの。
そして向いてないもの。
スイミング(笑)
先生1人にたいして子供が大人数。
流れ作業的にレッスンが進んでいってしまう。
先生はその時によるけどスポ根系。
前にやってた英会話はどちらかというと「向いてない」寄りの中間だった気がします。
先生ハイテンションで私からみると楽しそうだけど息子からするとぽかーんみたいな。
何で急にこんなことを、というと冬休みがあけて幼稚園とともに習い事も再開したわけです。
先日のスイミングでは久々だということもあり、これまた久々に更衣室でグズグズ。
半べそかきながら「行きたくないー」とモジモジしてる息子をなんとかなだめ、おだて、隙を見て先生に引き渡してなんとか成功。
終わってみれば「楽しかった!」って言うんですけどね。
そして今日はお教室が再開。
こちらはね、昨日のうちから追加のワークやったりなんだり楽し見にしてる様子。
実際今日も「今日は塾だよね!久しぶりだね!」とまぁなんとも嬉しそう。
もちろん半べそかくこともなく、モジモジすることもなく、「あけましておめでとうございます!」と元気に挨拶しながら教室入って行きました。
こうやってみるとほんと、向き不向きってあるなぁと感じます。
とはいえね、スイミングは運動音痴な息子を少しでも体力つけて体動かさせることを目的にしてるので「不向きだけど克服してほしい」意味合いでやってるのと、モジモジするのは始まる前だけで、いっつも終わると満面の笑みで帰ってはくるのでまだ続けますけども。
この春あたりから今度は娘の習い事も検討しないとですが、また息子と性格が違うのでどんな習い事がいいかほんと悩ましいです。
内容はもちろん、それ以上に先生との相性ですからね、この月齢は。
内容がどんなによくても先生と相性悪いと子供は素直に拒否るので。
とりあえずお教室だけは楽しみに通っててくれるので助かってますが、親心的にはもう少し自主的に活発性が出てくるといいんだけどなぁと思ってやみません…。