年中&お受験 「来年の今頃は…」と2017カレンダーに記入しながら想う。

もう今年も残すところ10日を切りましたね。
夫婦そろって逃げ恥ロスですが、仕事納めまでも1週間を切ったので忙しいながらもちょっと楽しい気分もあったりします。
いや、大掃除とか年賀状とかいろんなことに目を背けているのでプラマイゼロか…。

今日は仕事で来年のカレンダーに色々と予定を入れていく作業をしていました。
ほら、毎月必ず○日には△△を忘れちゃだめ!みたいなあらかじめわかってる仕事ってあるじゃないですか、それを2017年のカレンダーに淡々と埋めていたのです。
かっこよく言えばToDoリスト、古い言い方だと備忘録的な。

するとね、色々考えさせられますよ。
1月「年明け早々お教室の振替組まないとだな…」
2月「娘が3歳かぁ、誕生日プレゼント何にしよー」
3月「春休み前には娘のオムツが取れてるといいなぁ」
4月「あぁもう息子は年長さんかぁ、娘はオムツ取れてるかなぁ」
5月「4人家族になって初めての海外旅行が待ってるぜ!」
6月「この辺りでお受験アイテム買い揃えかな?」
7月「学校説明会があったな確か…」
8月「受験直前の夏休みだけど海水浴は外せない(キリッ)」
9月「願書のお写真撮って、願書作成して、いよいよ提出…」
10月「本番っすね…」
11月「合格発表っすね…」
12月「制服採寸…できてたら…いいな…(切望)」

なんかもうね、下半期のカレンダーを埋めながらからもうすごい複雑な気持ち!!
特に10月、11月ね。
試験日で何日か仕事を休まないといけないのは間違いないので、「この辺りかなぁ?この辺かなぁ?」みたいな。

で、今年の合格発表日の辺りをみると何とも複雑な気分。
いやほんと、うまく言葉にできない気持ち。
心配と不安と期待と。

そして来年の12月予定を埋めながら「来年の今頃私はどんな気持ちでこのカレンダーを振り返るのかな?」なんて考えちゃいました。
ね、ほんと、どうなってるのかな。

願わくば、願わくば、全てをやりきって気持ちのいい年越しを迎えられているといいなぁと。

来年のカレンダーを見て、来年がいかに「特別な1年」なのか改めて思い知らされた瞬間なのでした。

スポンサーリンク
レクタングル大