5歳&2歳 クリスマスプレゼントには親のエゴ0%で臨む。

幼稚園でも、育児ブログでも、「クリスマスプレゼントどうする?!」的な話題で持ちきりですね。

今朝は子供達を園バスに乗せた後、同じ場所から乗るお母さん同士でその話題。
降園後に園庭で遊ばせてる時にお母さん同士でその話題。
家でホッと一息、育児ブログ読んでたらそんな話題。
時期ですねー(笑)
ちなみに我が家も相当悩みました。
私たち以外にも「おばあちゃんサンタ」やら「おじちゃんサンタ」やらいるので、「子供達が欲しがってるもの注文しといて!」と言われてましてね。
とりあえず思いついたものを「おばあちゃんサンタ担当分」「おじちゃんサンタ担当分」で振り分けてたら、肝心な「お父さんサンタ担当分」がもうネタ切れよっ!
クリスマスプレゼント、悩みますよね。
子供達が赤ちゃんの頃は意思表示も何もないので、わりと親のエゴで選んでました。
エゴというと言い方悪いけど、要は「何かしらの知育要素があるもの」をってことです。
キラキラしたキャラクターものとか、トレスとかより、積み木とかブロックとか「遊ぶだけじゃない要素」があるものをついつい与えがちだったんです。
でも息子は5歳、娘は2歳だけどもうすぐ3歳。
もうね、わりと好みがしっかりしてきてます。
なので「クリスマスプレゼント」はあくまで「サンタさんからのプレゼント」であって夢いっぱいぎっしり詰まってて欲しいから、親のエゴ要素のないものを選ぶことにしました。
クリスマスの朝に枕元にプレゼントがあって、それをドキドキワクワクしながら開けた時に全力で「ウワーーー!!」って手放しで喜んでもらえそうなもの。
今回、息子は「何が欲しいの?」と聞いたら「ジバニャンの目覚まし時計!」となんとも実用的なもの(笑)でしたが、本人がすごく欲しがってるのでそれにします。
娘はまだはっきりリクエスト言えないんだけど、どうにもこうにもキラキラしたものが好きで。
大好きなメルちゃんシリーズで選ぶことにしました。
たぶんこれから娘はドレスとか変身ステッキ的なのを欲しがりそうな女子に育ちそうな気がするんですよねぇ…。
ちなみに私はできることならそういうのはあまり与えたくない派。
だけどもし、クリスマスプレゼントでそれらを欲しいと言われたら「クリスマスに限り」娘のリクエストを貫こうと思います。
クリスマスはやっぱり夢を持って欲しいなぁと。
いやほんと、プレゼント選びって難しい!!!